▶ フリーエンジニア/クリエイターの働き方 ▶ 当サービスについて

ソーシャルメディアエンジニアの今後

(現在掲載中の案件・求人情報 10,282件)

これは知っておきたい!!

エンジニアについて

ソーシャルメディアエンジニアの今後

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアは、一部の人だけが利用するツールではなく、スマートフォンからPCまで情報端末を持つ人であれば、ほぼ誰にとっても当たり前になりつつあると言えます。 また先進国だけではなく、アジアの新興国についてもユーザはどんどん増えていますが、市場の開拓を狙っている世界中の企業にとってソーシャルメディアの活用は大きな課題になっています。

ソーシャルメディアエンジニアの今後

デバイスも進化し、オープンソース上で開発する企業も増えたり、インターネット業界でも特に成長が著しい領域です。
エンジニア採用も、もちろんニーズが高いエリアです。業界でも経験者が少なかった頃は未経験者採用にも力をいれる企業が多かったようですが、最近は即戦力採用のバリューも増えているようです。もちろん未経験者は今からでも遅くない、やる気があればどんどんソーシャル系に強くなってプロジェクトを率いていくようになれるかもしれません。
SI系のような各フェーズをしっかり消化していくタイプの仕事というよりは、ベータ版をスムースに構築してユーザの反応をダイレクトに受け止めながらニーズにマッチさせていくような開発スタイルが中心となりますので、エンジニアとしてはより柔軟な対応ができることも大切です。
いかに早い速度で技術やサービスが進歩しているかを感覚として持つこと、つまり高いレベルの情報感度や、ソーシャルメディアの仕様変更をしっかり追えること、またアプリやゲームが好きなことも重要な意味があります。

エンジニアについて

  • クラウドを支えるエンジニア

    どんなスキルが必要なのでしょうか。 例えばWEBサービス開発的な仕事と考える方もいれば、インフラ廻りに徹する、資源をトータルに運用していく立場、と答える方もいます。 またクラウドにも種類があり、例えばSaaSはアプリケーションをネットワーク経由で提供するクラウドですが、この場合は開発系エンジニアの仕事寄りと考えられたり、またPaaSやIaaSは動作環境や各種リソースを提供するサービスですからどちらかといえばインフラ廻りをイメージするでしょう。 実際のところ、まずネットワークやサー…

  • Java/PHP エンジニアの市場価値

    現状JavaとPHPが真っ先に挙げられます。 ここ2、3年のインターネット関連企業の採用意欲はかなりのもの、またSIer系でもニーズは徐々に高まっています。 Javaといえば広範囲に活用できるプラットフォーム互換性が強い言語、またPHPはオープンソースでサーバサイドやデータベース連携にも強いWEB系言語ですが、オブジェクト指向を知っているエンジニアであればそう習得は難しくない技術と言われています。また多くの企業が求めているエンジニア像として、最新テクノロジーや最新のインターネットサービ…

  • ITコンサルタントが求められる理由

    ITコンサルタントにはビジネススキルが重要です。ごく一般的な会計の知識から、業種ごとに定まってくる知識もちろん、ITについても豊富な知識・スキルが求められます。またプロジェクトマネージャーレベルのマネジメントスキルやコミュニケーション力に加え、コンサルティング的な部分、ファシリテーション等も必要です。 企業の情報システムに求められる役割、機能はどんどん変化しています。 ITコンサルタントに求められるのは、より高い価値を持つソリューションの提供と言えます。既存の業務システムを単純にシステ…

  • インフラエンジニアの採用ポイント

    インフラといっても全般にわたるスキルを習得している方もいれば、Windows系、Linux系と分かれている場合、ネットワークに強いエンジニアなど色々です。 また運用だけに携わってきた、保守ばかりをやってきたからスキルとして届かないかもしれない、と悩んでいる方も多いようです。しかし保守や監視だけの経験ではニーズが無い、と諦める必要はありません。 まず大事なのはエンジニアとして何を経験してきたかを整理し、将来はどのようなビジョンを持つべきかを明確にすることと言えます。インフラエンジニアの採用ポ…

  • 社内SEの仕事内容

    社内SEの仕事内容といえば、既存システムやネットワークの運用・保守がありますが、障害発生時には切り分けや各部署への連絡などがメインとなります。 残りの部分はベンダー・業者へほぼ丸投げするケースが多く、また障害とは言えないようなケース、ネットワークが遅くなっている、サーバのレスポンスが劣化している、といった苦情対応などもあり、原因を突き止めて解決したり、オフィス系アプリケーションのヘルプデスク、セキュリティ対応などは常に新しい課題・スキルを習得していかなければなりません。 やはりそうそう…