▶ フリーエンジニア/クリエイターの働き方 ▶ 当サービスについて

面接場所には15分前に訪問

(現在掲載中の案件・求人情報 10,203件)

これは知っておきたい!!

就職活動の一般常識

面接場所には15分前に訪問

転職の面接の時は、実際に訪問してからの手順をある程度踏まえておくと便利です。また面接は実際に働く場所で行われることが多いので、働く現場として相応しいかどうかしっかりチェックすることを目標に置くことも大切です。

まず訪問前にどれくらい時間の余裕があるべきかですが、あまり急いで早く到着しても間延びしてしまいます。また逆に5分より遅いと焦りも出てしまいますので、10分から15分程度が到着時間の目安です。それまでに、身だしなみや必要書類が揃っているかをチェックしたり、携帯電話の電源を切っているかなどの確認も、合わせてどこかのカフェや公園などでチェックするとよいでしょう。
例えば企業の受付を尋ねるように指定があれば、訪問先を見当つけること、事前に構内マップなど渡されている場合は心配ないでしょうが、可能な限り事前情報をネットで調べておくのもよい方法です。

受付で待つ場所を指定されたら、あとは面接の順番に案内係の人が呼びに来るまで待つのみ、が基本ですが、指定時間の5分前になったら移動するように言われることもありますので要注意です。たくさんの応募者が集まっている場合も場を乱さないように、トイレが心配であれば先に受付等で確認しておくことも大切です。
面接場所が実際に働く場所と同一であれば、どのようなイメージがしますか?などと聞かれることもあります。予測できない質問かもしれませんが、まごつかないで正直に答えるのがコツです。交通の弁、社内の広さ、明るさなど、的確に表現できれば問題はありません。

就職活動の一般常識

  • マナー(服装・態度)

    マナーとは身だしなみでもあります、例えば無精髭を生やしたままではなかなか立派な態度ですね、などと開き直って捉えられてしまいます。清潔感を出すこと、パーマの方であれば髪の毛をセットしたり、スーツやシャツの折り目、靴のクリーニング等も大切です。 次は話し方です。緊張を解こうとしてリラックスしすぎると、崩したままの話し方が出てしまうことがあります。話すペースを合わせて、早口に話すよりもはきはきと答え、話す相手の目を見ることも肝心です。面接官が複数の場合、中にはフランクな話し方をする方もいらっしゃい…

  • 面接時の自己PRで失敗しない方法

    例えば、スキルシートにも関連する質問として「経歴をお話ください」と言われた時にどう答えるか。スキルシート全部ではなくて、直近のものを2、3ピックアップするなり、その中でもプロジェクトの概要、規模、役割などを的確に伝えられることが大切です。他には何か苦労したことはありますか?という質問に対して、問題を実際に挙げる、そしてどのように解決したか、を話すことで、普段の仕事の仕方や問題解決能力を伝えることができます。 プログラムを書く時に気をつけていることは何ですか?という場合、ストレートに自分の思い…

  • 求人票に載っている想定年収

    転職を考えている方にとって年収が増えることは、ほぼ絶対条件とも言えますが、想定という中身はどれほどなのか、気になってしまうかもしれません。 他には最低保証額、というものも明示されていることがよくありますが、最低でもこれだけは支払われますよ、という意味で捉えてこれなら安心と考えるでしょう。 想定年収のほうは給与例とほぼ同等のもの、とも言えます。つまり25歳であれば400万円から450万円、30歳であれば…といった一例を示したものでしかありませんので、やはりそれだけを鵜呑みにするのは危険で…

  • 年俸制と月給制の違い

    年俸制とは、1年間の給与額をあらかじめ決めておく制度ですが、年間に支給される金額は変わりません。 業績がアップしたからといって支給される額は変わらず、また一括で支払われるわけではなく、12分の1に割って月額にするケースやボーナス分も均等に割ってから算出されることもあります。 年俸といえば、真っ先に思い出すのがプロスポーツ選手のケースだと思いますが、今では千人以上の従業員がいる企業の約3割以上が導入しているそうです。年俸制は年功序列型の賃金体系に囚われない方、実力派に人気の形態ですし、月…