▶ フリーエンジニア/クリエイターの働き方 ▶ 当サービスについて

筆記試験に向けての準備

(現在掲載中の案件・求人情報 10,292件)

これは知っておきたい!!

筆記試験

筆記試験に向けての準備

転職の流れといえば、まず一次、二次と書類選考があり、最終的に面談が行われます。 またこれはごく一般的ですが、場合によっては筆記試験が行われることもあります。

例えば、ITエンジニアのケースで多いタイプとしてプログラミングの適正検査や数理処理などが考えられますが、実際には一般常識や小論文などのビジネスマンとして基本といえる内容を試験する場合も多いようです。

筆記試験といえば新卒採用では大きな材料であると言われますが、転職者の場合はそれほど準備期間を取れるケースは少なく、ある程度テキストを見たりしても新卒とは中身が違うのではないか、と迷ってしまう方も多いようです。
しかし、試験の内容は適正試験とは違いますし、経歴からは即戦力である、期待が大きい、という方でも結果が悪ければ不合格になる可能性も否めません。筆記で基準をオーバーしなくても採用したことはある、しかし、長続きしなかった、このため厳重に点数を判断することは不可欠である、という企業も増えています。

筆記試験でつまずいてしまう方は意外に多いそうです。やはり実力があるのにもったいない、の一言に尽きるでしょう。
筆記試験がいつあるかわからないこともあります。面接の時間を指定され、長いと思ったら要注意かもしれません。対策本等も各種出版されていますし、キャリアコンサルタントに相談、またエージェントがあればコーデイネーターにもしっかり相談しておくのが無難だと思います。

筆記試験

  • IT業界の筆記テスト

    一例を挙げると、ITエンジニアに課される筆記テストとして有名なCABがあります。 CABでは暗算と法則性、命令表、暗号、そしてパーソナリティの5項目があり、SE、プログラマーを志望されている方は1度は試してみるべきとも言われています。たとえば暗算ですが、まず浮動小数点を、などという厳しいものではなく、誰もができるようなものであり、ただ時間さえあれば、という意味ではつらいものがあるかもしれません。 また法則性は得意な方は得意ですが逆もありです、対策できるかどうか、パターンはそれほど多くな…

  • 適性試験の重要性

    しかし書類選考ではチェックしませんし、「一応目安として、資料として取っておくためです」という説明でもあれば別ですが、この試験で見事に採用が見送りになってしまうケースも増えているそうです。 もちろん面接もしっかり行われるでしょう。また面接を重視していたのは転職バブルと言われた時期はそうですが、最近はそうではなく、逆に適正試験が重視されているとも言えます。 性格診断もあればIT系ではプログラミングの適正やSPI等色々あります。 例えば性格診断であれば性格、考え方、協調性、責任感などたくさ…