▶ フリーエンジニア/クリエイターの働き方 ▶ 当サービスについて

ITエンジニアに求められる経験

(現在掲載中の案件・求人情報 10,206件)

これは知っておきたい!!

IT業界の採用条件

ITエンジニアに求められる経験

ITエンジニアの転職で大切なのは、やはり経験です。 第二新卒者のように柔軟性が高いほうが好ましい、という場合もありますが、明確にキャリア採用と打ち出している場合は若くても経験が豊富なほうが望ましいのは当然と言えますし、若いエンジニアだからプログラマーレベルでいい、スペシャリストに挑戦するために前向きであればいい、というレベルに留まっているわけにはいきません。

ITエンジニアに求められる経験

例えば、30歳代の場合はどうか、専門性もあり、中規模以上のプロジェクト参画経験があること、そしてリーダー経験があることも大切です。これらの経験が無ければ転職はかなり難しいとも言えます。

20代のエンジニアによくある傾向として、色々な業種を経験していると幅が持てる、上流にも参加しておければまずつぶしが効くだろう、という場合も、小規模な開発を渡り歩いていればメリハリのある内容をスムーズに消化できるかもしれませんが、金融であれば金融で専門性を磨き、規模も大きなプロジェクトで長く努力した経験がある方にはかないません。

また上流工程だけが多くて悩んでいる方にとって、転職には下流の知識も必須であり、新しいスキルを磨かなければならない、ということも言えますが、下流工程だけだと業務知識やコミュニケーション能力などが逆に低下することになり、将来の目標を逸してしまうことにも繋がります。20代ではまだまだ転職のチャンスも大きいと言えますが、一般に求められる能力を踏まえて選択していくことが大切です。

IT業界の採用条件

  • 求められる人材とは?

    また、情報を持っていても調整できなければならない・何か不足している、ということもカバーできるような調整力があることも魅力です。 顧客との交渉においても色々な面で調整することが大切ですが、プログラミングスキルを学んでも得ることはできないものです。日頃から人とコミュニケーションを取り、調整を常に意識していることも大切です。 もちろんIT業界ですから、専門特化したスキルを持っていることも魅力です。 「絶対の自信があるスキルは何ですか?」と面接で聞かれた場合にも、自信を持って言える何かがあれ…

  • 「できる人」のコンピテンシーレベル

    キャリア採用では自立志向が高い方や、チームを率いていける人物、調整能力がある人物であれば望ましい、と言われますが、新たにコンピテンシーを座標軸として設定した評価のシステムがどんどん採用され始めています。 では具体的にコンピテンシーが高いとはどのようなことでしょうか? 高い成果を常に意識できる・アイディアが豊富・問題があっても実力でやりぬける、このような人材と言えますし、チームのメンバーやチーム以外のスタッフも巻き込んだり、現状とはまったく違う状況を作り出すことが可能なことなども当てはま…

  • 転職に有利な資格は何?

    ではどんな資格が理想的かといえば、まずオラクル系があります。 高可用性システムで採用される商用データベース、といえばオラクルやDB2等ですし、C++で書ける方と比較してそれほど難易度が高いとは言えませんが、持っていて間違いない資格と思います。 またオラクルマスターにはシルバー、ゴールド、プラチナの3つがあり、中レベルのゴールド以上であれば理想的、という案件も少なくないようです。 他にはシスコ系についても、ネットワークアプリケーションが主流ですから抑えておきたい資格で間違いはないでしょ…

  • コンサルタントに求められる資質とは

    例えば、コンサル専門業者であるコンサルティングファームとは、経営戦略に関わり、システムの改善によってクライアントの問題解決を目指し、常に頭を捻ったり知的に業務を続けていく仕事です。 グローバル化の波が押し寄せ、たくさんの企業が大きな問題に直面しています。 コンサルティング会社はこの先も安定した需要があると言われています。 では、コンサルタントに求められる資質は何でしょうか? まず高いレベルのロジカルシンキング能力が試されます。コンサルティングファームでテストを受ける場合、何の準備も…

  • システム提案営業職の条件

    例えば、システム営業の経験も大事ですし、IT系のSEやプログラマー等、プロジェクト内で何らかのバックグラウンドを持っていることも条件であると言えます。 提案営業はSE営業とも呼ばれ、特にネットワークやクライアントサーバーシステムまわりで広範囲に適用されるプロダクトの場合は、SE同行で営業を展開する例も多く、常に技術的な知識を深めていくための努力も必要です。 システム部門の一員として外注のマネジメント経験、SI系の業務とは何かをしっかり把握していること、コミュニケーション能力やプレゼ…