▶ フリーエンジニア/クリエイターの働き方 ▶ 当サービスについて

戦略コンサルタントになるには

(現在掲載中の案件・求人情報 10,176件)

これは知っておきたい!!

IT業界の人気職種

戦略コンサルタントになるには

戦略コンサルタントになりたいという場合、基本的に準備しておくべきことは何なのでしょうか?

戦略コンサルタントになるには

まず、具体的な応募後の段取りとして入社試験についてですが、転職の場合はアプリケーションフォームや筆記試験、そしてケースインタビューなどが実施される例が多く、アプリケーションフォームは一通り書き方を知っておけば無難ですが、やはり筆記試験も難易度の高さを知り、ケーススタディも専門的なスキルを存分に発揮する方法を学んでおなかければ合格することはまずありません。

またどれくらの人が切り落とされるか、倍率についてですが、最初のフォーム入力で10人に1人しか合格しないと言われています。記念で受けたり、冷やかし半分の人もいるという話もありますが、やはり倍率は100倍を超えることは間違いないでしょう。

ではMBAはどうでしょうか?
国内でも受験できるようになり、ホルダーもどんどん増えています。また入社後はレベルを1段アップして入職できるかもしれませんし、MBAがあればかなり有利であるという噂もよく耳にします。しかしやはり書類選考レベルでは有利でも、その後の選考段階ではほとんど意味が無いと思っておくのが無難かもしれません。

またエージェントを利用するのがトクだ、転職者にとってはスムーズに済ませることもできる、という意見は多く、やはり日頃から情報収集を続けていることからも、採用意欲のレベルまで熟知しているエージェントであれば心強さもありますし、使っても損は無いと思います。

IT業界の人気職種

  • モデラーとは

    例えば、UMLという技術、世界標準の表記法が存在します。 この技術を用いて様々なフェースを担当し、モデル化を進めていくのも大きな役割と言えます。 また、モデラーになるためにはどのようなステップが必要なのか。 まず基本的知識、ITテクノロジーやスペシャリスト的な知識はもちろんですが、ロジカルシンキングや抽象的な概念に通じる知性なども重要です。 モデラーが従事するカテゴリーといえば、シンクタンクがあり、またシステム開発系の会社でももちろん幅のある仕事ができます。 モデリングによって業…

  • モデラーに必要なスキル

    またモデラーは初めから理想的なモデルを想起できるものではなく、ステップを踏んでいって徐々に形ができてくるのが基本です。このような心構えもしっかり身につけていることが大切ですし、初心者にとってはモデラーとしてたくさんの具体的なサンプルを利用することも大切です。 例えば、世界標準と言われるモデル表記技術としてUMLがあります。またUML関連の認定資格としてUML技術者資格試験も参考になると思います。UML技能はモデリング領域ではまず初歩的な技能であり、必ずしもこの技能を使用しなければならない…

  • モデラーを目指す方へ

    考えてみればそれほど特殊ではないでしょう。 まず、ITエンジニアであれば物事の本質を見極めることはどんなポジションでも大切だと言えます。 そしてモデラーと同じようなスキルを常に磨いているとも言えるでしょう。 ITコンサルタントに対して、UMLのクラス等を使用したモデリングはどうすればうまくなりますか?という質問がよく出されるそうです。 またコンサルタントはUMLもプログラミング言語の1つと考えてみて、まずコードをたくさん書いてみることが先決かもしれない、とよく切り出すそうです。 …

  • コンサルティングファームとは

    コンサルティングファームの存在を意識して考えるのが妥当かもしれません。 まず、コンサルティングというと経営戦略に関わるものをイメージすると思いますが、他にも人事系、またマーケティングやITシステムについても多くなっています。そもそもIT系はERPやCRM、SCM等の導入に絡んでコンサルティングを行うことを得意としていますが、ITの分野だけに特化せずに事業戦略を同時に提案することも少なくありません。 一言で言えばクライアントから与えられた課題に対する解決策を策定・提案する立場と言えますし…

  • 戦略コンサルタントの仕事

    戦略コンサルタントとはどんな仕事か、具体的には企業の意思決定に関わる部分、また決定内容を実施するまで責任を持ってプロジェクトに参画する場合もありますし、全社戦略だけではなくベンチマーク、オペレーション、コスト削減等幅広い業務を行っています。 コンサルタントは依頼された後すべての仕事をプロジェクトで進めて行きます。また2週間程度の短いものから1年程度まで、規模は数人から10人程度が主流です。 またプロジェクト内で実際の作業の大半を占めるのがコンサルタントであり、課題解決のために仮説を…