▶ フリーエンジニア/クリエイターの働き方 ▶ 当サービスについて

スキルシートを見やすく書く

(現在掲載中の案件・求人情報 10,282件)

これは知っておきたい!!

収入アップの秘訣

スキルシートを見やすく書く

エンジニアとしてスキルを伝えるためには、スキルシートが判断材料として必要不可欠です。やはりスキルシートで自身の能力が伝わらなければ、全く無意味な転職活動であるとも言えます。

特に業界では標準といえる数値表現として、対象ユーザや業界・業種の区別、システムやプロジェクトの規模、チーム単位での規模・人数、担当職種や工程の中身、また仕事の進め方についてもスキルシートに記載してあることが望ましいと言えます。
またプロジェクトごとにどのような役割だったのか、プログラマーであればコーデイング、サーバサイド、SEO的スキルまであるのか、デザインとの連携は可能なのかなど、実際に項目質問として出されるのを待つ程度でも構いません。またクリエイター職であればポートフォリオを用意して提出を義務化している企業も多く、他にはWEBサイト等デザインを任された経験から直接提出する例も増えているようです。
またスキルシートはいかに見やすいかも大切です。資料作成のスキルをそのまま判断されることにもつながります。プロジェクトリーダー以上であればプレゼン能力判断として質問がたくさん出てきますから、基本に忠実に、そしてできるだけ早急に把握できるように作成することが大切です。
ベンダーや国家資格にこだわる企業ももちろん少なくなりありません。取得年月はもちろん、資格取得制度がある場合などは簡潔にプロジェクトに結び付けて記載するようなコメント欄を設けておくのも方法です。

収入アップの秘訣

  • 単価をアップさせるには

    アピールの基本はまず書類、スキルシートです。経験が豊富だ、と自負するだけで相手に伝わらないようでは単価も判断できず、適正な単価を評価してもらえません。プロジェクトの規模がわからない、しかしスキルや期間から言えば中規模だな、トータルに大きなプロジェクト経験は無さそうだ、リーダーといってもチームは少ないだろう、と評価されれば後からではなかなか上げてもらえません。 またあまり意識されないことかもしれませんが、日頃の行いやマナー、清潔感や言葉遣いなどもポイントですし、コミュニケーションスキルが無い方…

  • プレゼン力を磨く

    プレゼンといってもパワーポイントを用意して経歴を体系化するわけではもちろんありません。人の目をしっかり見て話せるかどうかも、実際に顧客にプレゼンする際には大切なことですし、質問内容をしっかり把握してから答えているかどうかを見られ、落ち着いて話すことができなければやはりプレゼンターとしては失格です。 自分の経歴や経験を話す場合は、問題をどうやって解決したのか、どのような点に注意を向けたのか、といったこれまでの業務の具体例を出すことや、業務での意思疎通がスムーズにできるなどのコミュニケーション力…

  • 迅速・丁寧に対応する

    つまり独立した事業者としての行動力があるかどうかは、自分から考えて行動できるかどうかに関ってきます。契約内容の範囲内で、率先して仕事を得ていくことを目標として持っておいたり、常に進捗や周囲の環境をピックアップすることに意識的になっておくことも大切です。 またよく言われるのがコミュニケーション能力。正社員でも誰でもそうですが、フリーランスの場合はより高いレベルのコミュニケーションスキルが必要です。社内事情にさほど詳しくない人間にとって、業務になにか重大なことが起こった場合、即座に行動するわけに…

  • 業界の動向を先読みする

    ニュース関連、IT系のニュースサイトをチェックするなどがもっとも早い方法ですが、業界紙をチェックすることも正確な情報収集には大切です。アンテナの張る方向も1つだけではなく2、3は用意しておくのが良いでしょう。得た情報を元にして自分なりに予測できる、つまり現在流行しているサービスなどに着目する能力も大切です。面談でもIT業界をどう思いますか?と関連付く質問が出されるケースは多いと考えて準備しておくことです。 iPhoneが登場したのは、今現在の普及から数えて2年ほど前です。2年という歳月は長く…