業務委託契約の問題点|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

業務委託契約の問題点

業務委託契約はルールがない

業務委託契約には、明確なルールがありません。
よって、企業ごとに様々な書式や記載がされているものです。
その内容の違いなどをしっかりと把握して仕事を行っていかないと、契約違反になってしまうことがあります。
業務委託契約は、取引先企業からの仕事を行うにあたってのルールという認識をしっかりと持ち、仕事を行っていくことが大切です。

法律違反の業務委託契約が存在する?

フリーランスはあまり法律に詳しくない人も多いため、企業が提示する業務委託契約書自体が、法律違反の内容になっていることもあります。
フリーランスが明らかに不利益になるような契約内容になっているということです。
そういったことにならないために、業務委託契約書の中身をしっかりと認識し、分からないことは専門家にも確認してみることをお勧めします。
自分の身を守れるのは自分しかいないのがフリーランスです。

違法な仕事に携わってしまうことも

滅多にないことではありますが、違法な仕事に携わっているケースもあります。
フリーランスは会社の内情までを知る機会が少ないため、仕事を任せやすいという点があるためです。
よって、フリーランスは、仕事の内容をしっかりと確認し、その仕事がどういったことに利用されるのかも把握することがベストです。
仕事をやりっぱなしではなく、自分が行った仕事がどのように使われるのかにも興味を持つようになると、違法な仕事に携わってしまう危険性もなくなります。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択