成果が出ないのには理由がある、成果が出る人と出ない人の6つの違い|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

成果が出ないのには理由がある、成果が出る人と出ない人の6つの違い

頑張ったらといってみんな同じ成果が出るわけではないので、成果が出る人と出ない人で大きな差ができてしまいます。成果が出る人はどのような特徴があるのか、反対に頑張っても成果が出ない人とは何が違うのか?を6つの観点から分析していきます。

1.実践力

当たり前のことですが実践しなければ成果は得られません。
成果を出している人は決めたことをしっかりと実践しています。
成果を出せない人は言い訳を探すなど、実践を回避しようとしがちです。
実践しないことには何も成し得ません。

2.効率

やたらめったら頑張ったからといって必ず成果が出るものではありません。
成果が出せる人は効率よく行動し、時間を有効に使っています。
1日24時間という限られた時間を効率よく使うかどうかが成果につながります。

3.決断力

成果を出している人は決断力があるため、物事を決断するスピードが早いです。
数少ないチャンスをつかむためにも決断力が必要ですし、行動せずに長い間悩むよりも決断して修正しながら目標に向かう方が早く成果が出せます。

4.知識欲

成果を出している人は好奇心が旺盛で、常に学ぼうという姿勢で物事に臨んでいます。
人の話を真剣に聞き、人から学ぶことで自分の糧にし、成果につなげています。
人から学ぼうという姿勢が足りない人は学ぶ機会が少なくなり、成果につながる話も逃してしまっている可能性があります。

5.探究心

人から話を聞くこと、効率よく行動することにもつながるのですが、成果を出している人はアンテナを広く張っています。
例えばAというツールを使うより、新しく開発されたBというツールを使う方が効率よく開発ができるなら、みんなBのツールを使いますよね。
問題はそのBのツールを知っているかどうかです。
アンテナを広く張っておくことで新しい情報をキャッチし、自分に有利になるものを得ることができます。

6.予測

しっかり成果を出している人も、そこまでの過程が全てがうまくいっていたわけではありません。
時には失敗することもありますが、過去の失敗でクヨクヨするより、先を見て失敗を糧にして成長をする姿勢を持っています。
成果が出せない人は過去の失敗に引っ張られて先を見るという大事なことを後回しにしてしまっています。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択