業務委託契約の注意点|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

業務委託契約の注意点

簡単に捺印しない

業務委託契約書は、印鑑を押してしまうと、なかなか取り消すことができません。
よって、慎重に確認した上で捺印することが大切です。
業務委託契約書の中でもいろいろと注意点がありますが、特に注意する部分が報酬に関する部分です。
どういった時に報酬が発生するのか、そして報酬の内訳はどうなのかをしっかりと把握することが大切です。
紛らわしい表記がある場合もありますので、その場合はしっかりと確認し、変更した方が良いと感じた時には表記の変更を依頼するようにしましょう。

仕事を行う上での注意点にも注意

業務委託契約の場合は、仕事を行う上での守秘義務など、注意して欲しい内容の表記もあります。
この内容がフリーランスとして活動する中で、難しいと感じる場合には相談するようにしましょう。
この点でも捺印してしまうと、その注意点を守ることに同意したことになります。
捺印前に相談し、場合によっては仕事を受けることができない、というくらいの姿勢が必要です。

期間に注意して確認する

業務委託契約書などには、いろいろなところに期間の設定があります。
まずは業務委託契約書の有効期間、支払いのサイクル、返金などの期間、守秘義務の期間などです。
この期間をしっかりと確認しておかないと、トラブルが起こったときに不利になります。
契約書での期間は、非常に重要なものですので、期間をしっかりと把握した上で、問題がなければ捺印するようにしましょう。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択