売れるキャッチコピーには理由がある!興味がそそられる7つのキャッチコピーテクニック|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

売れるキャッチコピーには理由がある!興味がそそられる7つのキャッチコピーテクニック

キャッチコピー次第で売上が変わるなど、言葉には商品の魅力以上のチカラが宿っていて、思わず興味を持ってしまうキャッチコピーは上手に人の心理をついています。売れるキャッチコピーを考えるために、抑えておきたい7つのテクニックを解説します。
 

具体的な数字を入れる

ダイエット系のキャッチコピーではよく「-◯kg」という表現をみかけます。
具体的な数字を明示することでユーザーに分かりやすくアピールすることができます。
「1日わずか3分でダイエット!」など短時間での効果が分かるキャッチコピーは思わず興味を持ってしまいますね。

恐怖心・不安な気持ちを煽る

「◯◯歳に増えている危険な◯◯」など、恐怖心を煽るのもよく使われるキャッチコピーの手法です。
不安な気持ちに訴えかけることで興味を持ってもらい、不安を解消する方法を提示することで購買意欲につなげます。
人は不安になるほど何かに頼りたくなるものなので、人の心理を巧みについた表現であると言えます。

得と損を織り交ぜる

「○○を買って得する人、損する人」 といった得と損の両方を盛り込んだキャッチコピーもよく見かけますね。
一昔前に流行った著書「金持ち父さん、貧乏父さん」はバッチリこのパターンに当てはまります。
誰だって金持ち父さんになりたいと思いますよね。
 

あえてマイナスの表現を入れる

例えば「◯◯の落とし穴」の「落とし穴」の部分はマイナスの表現ですが、「何がイケないんだろう?」と興味を持ってもらうことができます。

ツァイガルニック効果

「ツァイガルニック効果」は「続きはCMの後で」などテレビでよく使われている手法で、情報を限定して続きの情報を見たいと思わせます。
人は未完成なものにより興味を持ってしまうので、情報を全て出すのではなく、情報を未完にすることで商品ページに誘導します。

内容を伝わりやすく

業界では一般的に知られている用語でも、一般の人は知らない用語で書かれたキャッチコピーはそれだけで損しています。
見た人に内容が伝わらなければ興味を持ってもらえないので、一般的に知られている伝わりやすいフレーズを選ぶのが基本です。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択