これだけは覚えよう!Windowsの作業効率を上げる便利な8つのショートカットキー|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

これだけは覚えよう!Windowsの作業効率を上げる便利な8つのショートカットキー

ショートカットキーは使い慣れるまでちょっと時間がかかりますが、慣れてしまえば作業効率がグングン上がります。使ってみると「なんで今まで使わなかったんだ!」と自分を叱責したくなること間違いなしの、作業効率を上げてくれる便利なショートカットキーを8つに絞り込みました。

「Alt」+「Tab」

ウィンドウの切り替えができるショートカットです。
タスクバーから切り替えたり、ウインドウを選択肢するよりも早いのでとても便利です。
ネットで情報を収集しながら文章を書くライターには必須のショートカット。

「Alt」+「F4」

アプリケーションなど使用中の項目を終了させるショートカットです。
右上の「閉じる」ボタンをクリックするより早く終了させられます。

「Ctrl」+「W」

ブラウザで復数タブを開いている時はタブを閉じ、Excelならブックを閉じるのに使えます。
タブの「閉じる」ボタンまでマウスポインターを移動させるより断然便利です。

「Ctrl」+「D」

アドレスバーに移動させます。
URLが全選択状態になるので、そのまま検索したりURLを貼り付けられるので覚えておくと結構使えます。

「Ctrl」+「R」

ページを再読み込み(リロード)します。
サイトがなかなか開かない時はリロードしてみるとすぐ開くことがよくあります。

「Ctrl」+「Shift」+「R」

キャッシュを上書きして再読み込み(スーパーリロード)できるショートカットです。
「Ctrl」+「R」と併せて覚えておくと便利かも。

「Windows ロゴ キー」+「D」

表示されているウィンドウを全て最小化し、デスクトップを一発で表示できます。
ウィンドウを開きすぎてごちゃごちゃしてきた時や、ウィンドウに隠れているデスクトップのアイコンを探す時など使えます。

「Windows ロゴ キー」+「Home」

選択中のウィンドウ以外を全て最小化します。
作業中のウィンドウだけを残したい時に使えます。
もう一度同じ操作を行うと元の状態に戻ります。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択