ビジネスマンなら知ってて当たり前!?印象を良くする正しい名刺交換のマナー|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

ビジネスマンなら知ってて当たり前!?印象を良くする正しい名刺交換のマナー

名刺交換は簡単なように見えますが、いざ名刺交換することになるとどの動作が正しいマナーなのか分からなくなります。名刺交換がきっちりできれば印象が良くなりますし、できていないと印象を悪くしてしまいます。名刺交換の仕方によって印象が大きく違ってくるので、ビジネスマンとして正しい名刺交換のマナーを身に付けておきましょう。

名刺を渡す順番

1対1で名刺交換をする場合、目下の人から名刺を渡すのが基本マナーです。
目上、目下は役職や地位、年齢に関わらず、訪問先が目上になり、訪問者が目下になります。
営業をする場合は訪問者=目下になるため、必ず自分から先に名刺を渡します。
上司と一緒に訪問した場合は、会社上での目上の人から名刺を渡すのがマナーとなっています。
例えば課長と一緒に訪問した場合、先に課長が名刺交換をし、その後で自分が名刺を交換するという順番になります。
先方も複数名である場合は、上司同士が先に名刺交換をし、その後に部下である自分が名刺交換をします。

名刺の持ち方・渡し方

名刺は両手で持ち、胸の高さまで上げて差し出します。
名刺を渡す時は「(社名)の(名前)と申します」と社名と名前を名乗ること、軽くお辞儀をすることがマナーです。
相手も名刺を差し出している場合は、相手よりも少し低い位置で差し出します。
テーブル越しに名刺を渡すのはマナー違反ですので、テーブルがある場合は回りこんで相手の正面に立って渡しましょう。

名刺の受け取り方

お互い名刺を差し出している場合、自分の名刺を右手で差し出し、相手の名刺を左手で受け取ります。
受け取る時は「頂戴いたします」と一言そえます。
相手の名刺に書かれている社名、ロゴ、氏名などが自分の指で隠れないように注意して受け取りましょう。
受け取った後は持っている手の高さを下げず、胸の高さで名刺を見て「◯◯様ですね」と確認します。
もし名前の読み方が分からない場合は、「何とお読みすればよろしいでしょうか?」と聞いておきましょう。
名刺交換をしたタイミングで聞いておく分には失礼にはなりません。

名刺の置き場所

受け取った名刺はすぐ名刺入れにしまわずに、名刺入れの上に乗せて置いておきます。
複数枚の名刺を受け取った場合は、目上の人の名刺を名刺入れの上に乗せ、目下の人の名刺はテーブルの上に置いておきます。
名刺入れ上に置く方が良いですが、テーブルに直接置くのもマナー違反とはなりませんので、複数枚名刺がある場合はテーブルに並べておいても大丈夫です。

名刺をしまうタイミング

いつ名刺をしまえばいいのか迷いますね。
相手の名前を覚えれば名刺をしまっていいことになっていますが、雰囲気で察するのが一番いいです。
雰囲気と言ってしまうと曖昧で分かりにくいと思いますが、打ち合わせが終わる時は名刺をしまうタイミングでもありますので、相手や周りの人が名刺をしまいだしたらそれに合わせましょう。
 
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択