そりゃ聞いてくれないよ・・・やってはいけないNGな頼み方・お願いの仕方|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

そりゃ聞いてくれないよ・・・やってはいけないNGな頼み方・お願いの仕方

フリーランスが他社に何か頼み事やお願いをする場合、やってはいけないNGな頼み方をまとめました。頼み事を聞いてもらうには、相手の都合やスケジュールを考えるのは当たり前です。頼み事が断られてしまうという方は、依頼内容ではなく頼み方に問題があるかもしれません。

相手の都合を考えていない

頼み事をする相手が仕事などで手一杯であるにも関わらず、こちらの都合だけで頼み事をするのは避けるべきです。
今手が空いているかどうかを確認するのは頼み事をする際の基本的なマナーですので、必ず相手の状況を確認してから頼み事を切り出しましょう。
もし今手一杯だとしても、前もって確認しておけば手が空き次第頼み事を聞いてくれる可能性があります。

ギリギリになってから頼む

締め切りや納期などが迫ってきて切羽詰まると他社に協力をお願いしたくなりますが、自分の締め切りや納期の都合は相手には関係のないことです。
自分のキャパシティーを超えていたり、依頼量が多くて納期をオーバーしそうな時は前もってお願いをしておきましょう。
相手にもスケジュールがありますので、自分の納期の都合だけでお願いするのはNGです。

当たり前と思わない

報酬を支払うにしても頼み事を聞いてくれることに対して感謝の気持ちを忘れてはいけません。
報酬は支払っているのだから聞いてくれるのは当たり前だという態度では、人は離れていってしまいます。
ビジネス上の付き合いでも人間関係が円満かどうかによって頼み事を聞いてくれるかどうかも変わってきます。
相手に対して感謝の気持ちを忘れてしまっては、頼み事を聞いてもらえなくなります。

相手に敬意を払う

感謝をすることと同じく、相手に敬意を払うことも忘れてはならない気持ちです。
相手が目下の人であっても敬意を払うことを忘れては関係性が悪くなってしまいます。
特にフリーランスの方は会社と違って一人でできない仕事を抱えた場合、協力してくれる他者は非常にありがたい存在です。
メールでも言葉の使い方で相手が自分に対して敬意を払っているかどうかは分かるので、言葉遣いにも気を払いましょう。

依頼内容があいまい

せっかく頼み事を聞いてくれたのに、依頼内容がきちんと伝わっていないと相手は困ってしまいます。
相手が依頼内容からどういった作業をすればいいのかと考える時間を少なくするため、依頼内容は明確にして伝えるべきです。
すでに調査済みの事項であったり手元に資料がある場合は、二度手間で無駄な時間を相手に浪費させないために併せて送っておきましょう。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択