GoogleのCEO、ラリー・ペイジから学ぶ効果的な会議の進め方|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

GoogleのCEO、ラリー・ペイジから学ぶ効果的な会議の進め方

Googleのラリー・ペイジはCEOは会議の進め方について明確な考え方を持っています。Googleという大企業が行う会議はどのようなものなのか、非常に興味がありますね。ラリー・ペイジから効果的な会議の進め方を学んでみましょう。

ラリー・ペイジの会議の進め方

Googleの共同創業者であり、2011年からCEOに就任したラリー・ペイジは、就任後すぐに会議の進め方をまとめたメールを全社員に送ったそうです。
Googleという大企業のCEOであるラリー・ペイジは、一体どのような会議の進め方を提案したのでしょうか?

ラリー・ペイジが重視する会議の進め方

海外のサイト「BUSINESS INSIDER」に掲載された記事「How Larry Page Changed Meetings At Google After Taking Over Last Spring」によると、以下の4つを重視しているそうです。

1.Every meeting must have one clear decision maker. 

If there's no decision maker -- or no decision to be made -- the meeting shouldn't happen.

全ての会議は明確な意思決定者が出席しなければならない。
もし意思決定者ない場合、または決議できるものがいない場合は会議を開くべきではない。

2.No more than 10 people should attend.


会議に出席する人数は10人を超えてはならない。

3.Every person should give input, otherwise they shouldn't be there.

全ての参加者が議論に参加するべきであり、参加しないものは会議に出席するべきではない。

4.No decision should ever wait for a meeting. 

If a meeting absolutely has to happen before a decision should be made, then the meeting should be scheduled immediately.

意思決定のための会議は開くべきではない。
もし意思決定の前に会議を開く必要があるなら、すぐにその会議のスケジュールを決めるべきである。

http://www.businessinsider.com/this-is-how-larry-page-changed-meetings-at-google-after-taking-over-last-spring-2012-1

意思決定者の必要性

上記4つの考えから、ラリー・ペイジは会議には意思決定者が必要であると考えていることが分かります。
意思決定者がいないと会議で無駄に長い時間を浪費しなうため、効率よく会議を進めるためには意思決定者を一人出席させることはとても重要ですね。
議論は出席者全員が参加すること、会議の人数は10人以下にすることも充実した会議とするために必要なことがあると感じます。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択