業務委託契約とは|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

業務委託契約とは

業務委託契約書は存在しない?

業務委託という言葉をよく耳にしますが、実際には業務委託というものはありません。
契約で言うと、請負や委任ということになります。
つまり、明確なルールがないのが業務委託ということになり、制限がなく便利なため、この表記をする企業が多いのです。
自由度が高い業務委託ですので、内容をしっかりと確認しておかないと、不利になる条項が含まれていることもあります。

業務委託に潜む危険性

業務委託という表記が法律上の縛りがありませんので、使い勝手がよく、企業も好んで利用しています。
その代わり、問題となるケースも最も多いのです。
例えば、雇用契約を業務委託契約と謳っていたり、二重派遣になる部分を業務委託と謳っていたりします。
つまり、法の目をかいくぐるために業務委託という表記を利用しているのです。
引っかからないためには、納得がいかない表現に関して専門家の意見を聞く癖をつけることです。

業務委託契約を行う前に必要なこと

仕事の内容について、業務委託契約書の提示がある前に把握しておくことが大切です。
まずは口頭でしっかりと仕事内容を説明してもらい、確認をすることです。
そして、その説明と業務委託契約書の内容が一致しているかどうかを確認します。
この中でおかしいと思う部分があった時には、契約をしない方が無難です。
契約内容と口頭での説明が一致しているかどうかで、信頼性が大きく異なってきます。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択