利用する前に知っておくべきリスティング広告とアドネットワーク広告の特徴、メリット・デメリット|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

利用する前に知っておくべきリスティング広告とアドネットワーク広告の特徴、メリット・デメリット

リスティング広告とアドネットワーク広告は主要なインターネット広告として多くの広告主が利用しています。これから広告配信をしょうと考えている担当者のために、リスティング広告、アドネットワーク広告の特徴、メリット、デメリットをまとめました。

リスティング広告(検索連動型広告)

Google AdWords、Yahoo!プロモーション広告、レモーラリスティング、D2C Listing Adsなどがリスティング広告に該当します。
リスティング広告というのはGoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果に表示される広告で、ユーザーが検索したキーワードに関連する広告が表示されます。

メリット:
リスティング広告はキーワードに関連した広告が表示されるため、ユーザーに興味を持ってもらいやすいというメリットがあります。
購買意欲が高いユーザーにアプローチできるため、キーワードでターゲットを絞り込むことができます。
主要なリスティング広告であるGoogle AdWords、Yahoo!プロモーション広告はクリック課金型を採用しており、ユーザーが広告をクリックすると課金される仕組みになっています。
ですので、表示されただけでは課金されません。

デメリット:
リスティング広告は顕在顧客にアプローチするタイプの広告であるため、潜在顧客へのアプローチを苦手としています。
リスティング広告で潜在顧客を開拓して事業を拡大するのは難しいでしょう。

アドネットワーク広告

アドネットワーク広告は規模に関わらず複数のWEBサイト・ブログを集めることでひとつのネットワークを作り、広告を配信するタイプのインターネット広告です。

メリット:
アドネットワーク広告は小規模なWEBサイト・ブログが多数参加することで、ひとつの大規模なネットワークを形成することができます。
ひとつひとつのWEBサイト・ブログのアクセス数は少なくてもひとつに集めることで大規模なトラフィックを確保することができるというメリットがあります。
広告主はアドネットワークの提供事業者に発注することで、多種多様なWEBサイト・ブログに一手に広告配信することができます。

デメリット:
アドネットワーク広告は複数のWEBサイト・ブログに広告配信できるのがメリットである反面、掲載するWEBサイト・ブログが選べないことがデメリットとして挙げられます。
また、自社のイメージやブランディングにマイナスになるWEBサイト・ブログに掲載される可能性もリスクとなります。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択