フリーランスの苦労|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランスの苦労

フリーランスはビジネスモデルが大変

フリーランスは自分自身のスキルをもとに、仕事を請け負う形が多いです。
仕事を請け負うということは、いつも仕事を頂けるというわけではありません。
あるプロジェクトを依頼されたとすると、そのプロジェクトが終了すれば仕事がなくなってしまいます。
つまり、安定収入に繋がるビジネスモデルを構築することが大変なのです。
ある程度軌道に乗ると、仕事のサイクルが上手く回るようになりますが、それまでが大変ですね。

仕事の依頼者に足元を見られる

仕事の依頼者が個人であればいいのですが、企業であるとなかなか対等な関係を築くのが難しいです。
仕事を依頼する企業が値段を安くするように圧力をかけてくることも、少なくありません。
フリーランスという働き方が増えている現代では、ライバルも多いため、業界によっては価格競争に巻き込まれてしまいます。
自分にしかできない強みを持っていると、価格競争に巻き込まれないので、自分のスキルの棚卸が大切ですね。

大きなプロジェクトが終わった後が大変

大きなプロジェクトに関わっている時は、仕事には困りませんし収入も安定します。
しかし、フリーランスは基本的に1人で営業活動も行っていますが、大きなプロジェクトに関わっている際には、営業活動がおざなりになってしまいます。
すると、プロジェクトが終わった後の仕事がなくて困ってしまいます。
先を見て仕事を受注できる仕組みを構築していないと、危ない橋を渡り続けることになってしまいます。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択