仕事ができる人はここが違う!できる人の7つの共通点|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

仕事ができる人はここが違う!できる人の7つの共通点

仕事ができる人にはこれから挙げる7つの共通点があります。ここで言う仕事ができる=飛び抜けた技術や能力があるということではなく、仕事に対するスタンスに仕事ができる人と仕事ができない人の差があると考えられます。

1.時間・締め切り厳守

ごくごく当たり前のことですが、時間や締め切りを守る人は漏れなく仕事ができます。
時間を守るということは仕事の早さ、その時間・締め切りまでに間に合わせる計画力を持ちあわせていると言えます。
仕事ができる人は上の人に対してだけでなく、立場が下の人に対してもしっかり時間を守ります。

2.自己管理ができている

仕事をするには自己管理が必要です。
疲れから体調を崩してしまうこともありますが、自分の体調を管理し、衝動で動かず自分を律することができる人は仕事もできます。
時間・締め切り厳守にも共通することですが、自己管理ができていないと時間・締め切りにルーズになってしまいます。

3.自分の意見を簡潔に相手に伝えられる

仕事ができる人は自分の意見や考えていることを相手に伝えるのが上手です。
メールにもコニュニケーション能力が現れ、仕事ができる人は伝えるべき内容を短い文章でしっかり伝えられます。

4.ゴールのビジョンを持っている

仕事ができる人は目標であったりゴールに対するビジョンをしっかり持っています。
ゴールが見えていなければ、ゴールにたどり着くまでの道筋を描けません。

5.質問する

仕事ができる人は質問をしなくてもできると考えがちですが、実はそれは逆です。
疑問を抱いたまま仕事に取り掛かるより、不明な点を質問して解消したり、目的をはっきりさせてから仕事に取り掛かった方が効率が良くなります。
そして質問の仕方が上手なのも仕事ができる人の特長です。
質問をするには考える力が必要ですし、疑問に感じたことから問題解決につながるヒントを見つけられることもあります。

6.優先順位

複数の仕事が重なった時、仕事ができる人は優先順位をつけて取り掛かります。
また、どうすれば複数の仕事を効率よく進められるのかを考える力を持っています。
何も考えずにただ目の前にある仕事から取り掛かっていては無駄が増えてしまいます。

7.残業をしないよう仕事を進める

仕事ができる人は残業をせずに定時で帰れるよう仕事を進めます。
定時までに仕事を終わらせらるということは、どのくらいのペースで仕事を進めればいいのか、今日やるべきこと、明日に回せることなどを把握できており、効率よく仕事ができるということです。
物理的に残業がしなければならなかったり、イレギュラーなことに時間をとられて残業をしてしまうことはありますが、仕事ができる人は残業ありきで仕事をしません。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択