フリーランスが効率よく仕事をするために、前もって決めておくべき事項|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランスが効率よく仕事をするために、前もって決めておくべき事項

フリーランスは時間を自由に使えるだけに、どう時間を使うかが仕事に大きく影響してきます。ダラダラ仕事をするのを避け、効率よく仕事をするために決めておくべき事項を解説します。ついダラダラしてしまったり、仕事の効率が悪いなぁと感じておられるフリーランスは時間の使い方を見なおしてみてはいかでしょう。

起床時間を決める

フリーランスになると朝早く起きて出勤しなくてよくなりますが、昼すぎまで寝てしまうと起きた後もダラダラしがちです。
起床時間を決めた方がメリハリがつけられますし、一日を有効に使えます。

仕事時間を決める

起床時間を決めたら、次は一日のうちで仕事をする時間を決めます。
起きたら仕事をするというスタンスではなく、朝何時に起きて何時まで仕事をするか決めるとダラダラせずに効率よく仕事ができます。

休憩時間も決める

人間の集中力はそう長くは持たないので、適宜休憩を入れながら仕事をした方が効率が上がります。
休憩中は仕事に関係することには触れず、しっかり頭を休めます。

納期・タスクを書き出す

頭の中で納期やタスクを把握するより、エクセルなどで納期をまとめて入力しておいたり、スケジュール帳に書き出した方がスケジュールを把握しやすいです。

To-Doリストをつくる

仕事時間と休憩時間を決め、納期タスクを書き出したら、次は一日のTo-Doリストをつくります。
納期までにどのくらいのペースで仕事を進めれば良いのかを計算し、余裕を持って納品できるようなペース配分を考えます。

休日を決める

フリーランスになると毎日が仕事日であり、毎日が休日のような感覚になりますが、仕事日と休日を決めておいた方がメリハリをつけられます。
平日を休日にできるのはフリーランスの特権ですね。

気分が乗らない時は場所を変える

どうしても仕事のモチベーションが上がらない時は、場所を変えるのも手です。
ノートパソコンがあればキッチンのテーブルで仕事をしてみたり、家の中でもいつもと違う場所で仕事をすれば気分も変わります。
カフェに行って仕事をするのもいいですね。

運動をする

家で仕事をしているとどうしても運動不足になりがちです。
会社勤めだと駅や会社まで歩くので少なからず運動になりますが、ずっと家にいると体を動かす機会がめっきり少なくなります。
運動はリフレッシュにもなりますので、ランニングやジョギング、ウォーキングなど軽い運動を習慣付けた方が健康のためになり、仕事にも良い影響を与えます。

睡眠をしっかりとる

睡眠不足だと頭がうまく働かず効率が落ちてしまうので、睡眠はしっかりとりましょう。
逆に寝すぎると頭がボーっとしてしまうので、6〜8時間の間で睡眠をとるのがベストだと思います。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択