フリーランスとしておこなうべき習慣|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランスとしておこなうべき習慣

数ヶ月先を見ること

フリーランスは仕事を常に受注し続けないと、仕事がない時期が発生してしまいます。
そうなると、収入がなくなってしまいますので、廃業しなくてはいけない事態に陥ってしまうことがあります。
フリーランスで仕事を行う際には、少なくとも数ヶ月先のことは見ておく必要があります。
そして、数ヶ月先までの仕事に合わせて行動計画を立てて仕事を行っていくと、安定した収入を得ることができます。

常にオプションを考えておく

フリーランスとして仕事を行っていく際に、常にオプションを用意する習慣が大切です。
受注した仕事を依頼通りにこなすことも大切ですが、もう1歩踏み込んで、プラスアルファでより多くの売上が見込めるようなサービスを提案するということです。
もちろん、依頼者が喜ぶサーブビスでなければいけませんが、これを上手く行うと、収入は増えてお客様からの信頼も厚くなり、一石二鳥です。

自己管理を徹底する

フリーランスには有給休暇がありません。体調を崩すとそれだけで仕事ができなくなり、収入がなくなってしまいます。
更に納期や期日に間に合わないということになると、お客様からの信頼もなくなり、結果として仕事の受注自体がこなくなってしまいます。
こういったことにならないために、自己管理を徹底し、生活習慣も自分でコントロールすることが大切です。
仕事を一生懸命行うことは重要ですが、休む時には休みながら仕事を行うことが、結果的に安定した収入を生み出すことに繋がります。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択