購入前に知っておきたい!Dreamweaverを使うメリット・デメリット|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

購入前に知っておきたい!Dreamweaverを使うメリット・デメリット

質の高いWEBサイト・ホームページ作成が可能なAdobe Dreamweaverは、プロも利用する高機能なWebオーサリングツールです。Dreamweaverにしようか、それともホームページ・ビルダーにしようか迷っている方のために、Dreamweaverを使うメリットとデメリットを解説したいと思います。

Dreamweaverとは?

DreamweaverはAdobe社が開発・販売しているWEBサイト・ホームページの作成が可能なWebオーサリングツール(ホームページ作成ソフト)です。
元々はMacromedia Dreamweaverとしてマクロメディア社が開発・販売していたソフトウェアで、Adobe社に2005年4月に買収されてAdobe Dreamweaverに名称変更されました。
グラフィックデザイン・動画編集・Webデザインの統合パッケージ・Adobe Creative Suiteに含まれています。

Dreamweaverのメリット

Dreamweaverは直感的なビジュアル編集が備わっており、表示結果を確認しながら編集できるため、効率よくWEBサイト・ホームページ作成できます。
クリーンなWeb標準コードでの作成が可能で、質の高いWEBサイト・ホームページが作成できる本格的なホームページ作成ソフトです。
テキストエディタのみでもWEBサイト・ホームページを作成することは可能ですが、表示結果のリアルタイムな確認ができませんし、ミスも起こりやすいです。Dreamweaverは多機能なので編集だけでなくファイル管理もできますし、入力ミスを減らせるといったメリットがあります。
また、Dreamweaverは拡張機能の追加が可能であるため、ワークフローに合わせて機能を強化することができるのもDreamweaverを使うメリットです。
人気のCMS・WordPressとの連携も可能で、ローカル環境にインストールしたWordPressと連携させることでDreamweaver上でWordPressのテンプレートを編集することができます。

Dreamweaverのデメリット

Dreamweaverを使用するにはHTML・CSSの知識が必要であるため、知識なしでWEBサイト・ホームページが作成できるホームページビルダーに比べ、初心者には少し敷居が高いソフトウェアとなっています。
ホームページ・ビルダーのように初心者でも気軽にWEBサイト・ホームページ作成、というわけにはいきませんが、使いこなせば質の高いWEBサイト・ホームページ作成ができますので、HTML・CSSの知識がある方にメリットがあるソフトウェアと言えます。


 
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択