フリーランサーがコワーキングスペースを利用するメリット・デメリットまとめ|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランサーがコワーキングスペースを利用するメリット・デメリットまとめ

最近、コワーキングスペースが増えてきました。コワーキングスペースはフリーランサーにとってひとつの作業場所であり、利用してみたいと考えているフリーランサーも多いことでしょう。コワーキングスペースを利用するメリット・デメリットがあるのかをまとめましたので、フリーランサーはぜひ参考にしてみてください。

コワーキングスペースとは

コワーキングというのはオープンなスペースを共有しつつ、それぞれ自分の仕事をすることを指し、コワーキングスペースは文字とおりコワーキングができる場所のことです。
主にフリーランサー、起業家などが利用しており、新しいワークスタイルとして注目されています。
コワーキングをする人をコワーカーと呼びます。

コワーキングスペースのメリット

コワーキングスペースを利用するメリットは、コワーカー同士、つまり利用者同士のコミュニケーションの場所になるという点です。
自宅で仕事をしているフリーランサーは、他の職業や企業の方と出会いが少ないですが、コワーキングスペースには様々な経歴を持った人が集まります。
同じ価値観を持った人、あるいは異なる価値観を持ち、自分にとって新しい発見を与えてくれる人との出会いの場となります。
コワーキングスペースでの交流を通じてコラボレーションが実現するケースもありますし、新しいアイディアが生まれることあります。
コワーキングスペースはオープンなスペースであるため交流がしやすく、普段接する機会がない職業の方との交流はお互い刺激になることでしょう。

利用料金がリーズナブルであるのもコワーキングスペースのメリットで、事務所を借りつよりも安くでワークスペースを借りることができます。
それに自分で事務所を借りるとなると、デスク、チェア、プリンタといった設備が必要ですし、インターネットの料金や光熱費もかかります。
コワーキングスペースなら設備が整っていますし、インターネットや電源が完備されているので事務所を借りるよりもリーズナブルです。
引っ越しをすることになっても、引っ越し先でコワーキングスペースを見つければいいわけですし、月額で契約していても料金は安価なので、もし急遽引っ越しすることになってもロスがほとんどありません。

コワーキングスペースのデメリット

コワーキングスペースは色々な人が出入りするので、完全に静かな環境で仕事をしたい人には向いていないと言えます。
ちょっとぐらい雑音があっても気にしない、むしろ人が周りいる気配があった方がサボらずに済むと考えると、雑音もプラスになるかと思います。
カフェの雑音をBMGにしたアプリ「Coffitivity」を流していると、不思議と集中できるのと似ています。
雑音に関しては、人によってメリットにもデメリットにもなるかと思います。
共有スペースなので、ひとつひとつの作業スペースがそれほど広くないのもデメリットとして挙げられます。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択