スタートアップを支援する国内のシードアクセラレータープログラム3選|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

スタートアップを支援する国内のシードアクセラレータープログラム3選

スタートアップ企業への指導、支援、資金提供を行うシードアクセラレーターが注目を集めています。シードアクセラレーターはスタートアップ企業にとって資金提供を受けられる重要な存在であり、海外だけでなく国内でもシードアクセラレータープログラムを実施するインキュベーターがあります。国内のシードアクセラレータープログラムを3つピックアップ。

Incubate Fund:Incubate Camp

創業期の投資・育成に特化したベンチャーキャピタル「Incubate Fund」では、2010年からシードアクセラレーションプログラム「Incubate Camp」を実施しています。
投資対象を「Pre時価総額1億円以上で投資検討可能と投資主体が判断した参加者」としています。
選考を通過した経営者は1泊2日のキャンプに参加し、ベンチャーキャピタリストと共同で事業プランをブラッシュアップ(磨き上げること)し、参加者はキャンプ後も継続して支援を受けることができます。


http://incubatefund.com/

MOVIDA JAPAN:MOVIDA Seed Acceleration Program

スタートアップへの投資を行う「MOVIDA JAPAN」では、「MOVIDA Seed Acceleration Program」でスタートアップや起業家を公募し、資金提供から、勉強会・ワークショップ、支援者の紹介、スペシャリストからの指導、シェアオフィスの提供、法人口座開設などスタートアップのサポートなどを提供しています。
スタートアップの支援が充実しており、6ヶ月間で事業を大きくしていく実践型のシードアクセラレータープログラムです。


http://www.movidainc.com/

Open Network Lab:Seed Accelerator Program

シリコンバレーのノウハウをベースに、スタートアップの育成を目的とした「Open Network Lab」では、「Seed Accelerator Program」を提供しています。
「Seed Accelerator Program」に参加することにより、スタートアップへの資金提供、オフィススペースなどの設備の提供、エンジニア・起業家・投資家によるメンタリングを受けることができます。
「Seed Accelerator Program」ではこれまでに海外企業向け福利厚生提供サービス「Anyperk」、パーソナルモビリティ「WHILL」など、海外でも注目を集める企業を輩出しています。


https://onlab.jp/
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択