スキルシートの書き方|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

スキルシートの書き方

案件に応募する場合に大切なスキルシート、この中身の出来次第ではそのまま拒否されることにもなりかねません。
経験も十分、スキルもかなりマッチしていたらどうでしょう、やはり残念なことですね。

面接を受ける前からスキルシートはチェックされます。またこの時点でなかなか伝わってこないとか、どのようなタスクを任せればいいのかわからない、といった企業の意見もよく聞かれます。どのような人物なのかもある程度は伝えられるようにすべきと言えますので、まずは具体性と仕事への意欲、そしてスキルシートとしていかに見やすいかにも注目して作成していくことが大事です。

またまずは直接書き込まずに項目をリストアップするのもコツです。それぞれのプロジェクトごとの期間や担当業務、そして習得できたスキルについても、数値で表せるものはできるだけ数値、例えばインフラ系であればサーバ台数、ユーザ数やデータベースの規模、デザイナーであればWEBサイトの会員数、ビジュアルの要素の数などが該当します。

リーダー経験の有無も大きなポイントです。スキル見合いだけではなく、リーダーとしての資質は報酬に大きく影響する例が多く、また資格についても持っていても気にしないよりはどんどんアピールすべきと言えるでしょう。

履歴書はPCで作成するのはあまりお勧めできませんが、スキルシートはまず見やすいこと、このためにはやはりPCで作成するのが無難です。誤字や脱字、改行のズレなどもないか必ずプリントアウトして確認しましょう。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択