売れるキャッチコピーを考える前に見ておくべき!基礎からテクニックを解説した良記事5選|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

売れるキャッチコピーを考える前に見ておくべき!基礎からテクニックを解説した良記事5選

見た人に刺さるキャッチコピーを考えるには、基礎やテクニックを身につけることが必要です。基礎とテクニックを知っているか知らないかでキャッチコピーの作り方が大きく違ってきます。キャッチコピー作りの基礎からテクニックを解説した、売れるキャッチコピーを考える前に見ておくべき良記事を5つご紹介します。

キャッチコピーの基本型30(バズ部)

SEOやコンテンツマーケティング関連の記事を配信しているバズ部による、キャッチコピーの基本型を解説した記事です。
30の基本型が紹介されているので、まずはキャッチコピーの基本型から学習。


http://bazubu.com/30headline-12.html

そのキャッチコピー本当に「刺さる?」を判断する、ある1つの質問(WEB戦略ラウンドナップ)

お客さんはその商品が欲しいのではなく、商品を使うことによって得られる価値を買っているのだという考え方を前提に、どうすれば見た人に刺さるキャッチコピーが作れるのかを解説した記事です。
自分ではいいと思って作ったキャッチコピーも、自分中心で考えたキャッチコピーは刺さらない、お客さんの立場になって考えてキャッチコピーを作る重要性を教えてくれます。


http://www.roundup-strategy.jp/content-101/title/sasaru-catch

広告コピーにひそむ心理学(designaholic)

今度は心理学からのアプローチ。
カクテルパーティ効果、バンドワゴン効果、シャルパンティエ効果、ハロー効果といった広告コピーや宣伝でよく使われている心理学のテクニックを分かりやすく解説してくれています。
なぜ売れるコピーには惹きつけられる魅力があるのか、そこには心理学のテクニックが使われています。


http://designaholic.cc/2010/11/post-29.html

客層をイメージして、キャッチコピーを作る | 売れるネットショップの法則41(Web担当者Forum)

"自店舗の「客層」と「購入動機」をイメージ"し、次にQPC分析=品質(Quality)、価格(Price)、利便性(Convenience)を用い、客層を明確化したキャッチコピーを作る方法を解説した記事です。
モデルユーザーを作って商品開発を行うマーケティング手法・ペルソナマーケティングに通ずるキャッチコピーの作り方と言えます。
ユーザーが商品を買った後の行動を具体的にイメージし、客層によって異なる購入動機を明確化するのはユーザーに刺さるキャッチコピーを作るひとつの方法です。


http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/06/20/9642

25個のWEB宣伝文句。この言葉になぜ心を動かされてしまうのか(ホームページを作る人のネタ帳)

キャッチコピーの作り方を学んだら、興味を持ってしまうキャッチコピーの事例を参考に、キャッチコピーを考えてみましょう。
キャッチコピー作りで必要なのは、お客さんに商品を購入することで価値を得られそうだと感じてもらうこと、欲望に訴えかけることだと思います。


http://e0166.blog89.fc2.com/blog-entry-202.html
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択