読むとやる気がふつふつと湧いてくる!経営者の琴線に触れるビジネス書5選|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

読むとやる気がふつふつと湧いてくる!経営者の琴線に触れるビジネス書5選

数あるビジネス書の中から、経営者が読むと琴線に触れるであろう、経営者視点のビジネス書を5冊ご紹介します。経営に行き詰まっている、先が見えない不安を抱えている、成功へのプロセスが見つからないと苦悩している経営者にこそ読んでもらいたい本を集めました。

日本一社員がしあわせな会社のヘンな“きまり”

日本一休みが多いにも関わらず、創業以来赤字なしという実績を保ち続けている未来工業の創業者・山田昭男氏の著書。
タイムカードもホウレンソウも制服もなし、5年に一度は全社員で海外旅行をするという未来工業。
社員のやる気を引き出すことを経営の柱にしている未来工業の、他社とは違う取り組みや経営ポリシーは、企業のあり方について考えさせられます。

http://www.amazon.co.jp/dp/4827206813

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

Paypalの創業者であるピーター・ティール氏の著書。
数々のスタートアップ企業が生まれては消えていくビジネスの世界の中、シリコンバレーではAppleやFacebookなど世界的な企業が誕生しており、ピーター・ティールは競争を避け、独占することが成功する企業の条件であると説いています。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4140816589/

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件

アマゾン、スターバックス、デル、ガリバー、マブチモーターといった成功企業の事例が掲載されているので分かりやすく、戦略ストーリーの重要性を知ることができる一冊です。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4492532706/

スターバックス再生物語 つながりを育む経営

スターバックスのCEOハワード・シュルツ氏の著書。
コーヒーチェーン店の確固たるブランドを築いたスターバックスが経営存亡の危機からいかにして再起したのか、創業者の視点から書かれたドキュメンタリーです。
経営者の苦悩と情熱がひしひしと伝わる一冊。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4198631506/

30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由

起業家の杉本宏之氏の著書。
2001年、24歳の時に株式会社エスグラントコーポレーションを設立、わずか4年後の2005年に史上最年少で株式上場するも、2008年のリーマン・ショックの煽りを受けて一時400億円もの負債を抱え、民事再生法を適用し上場廃止。
壮絶な浮き沈みを経験した杉本宏之氏がどうして再び起業しようと決意したのか、何を教訓として学んだのかが綴られています。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/447802734X/
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択