フリーランスになる時に最初にやること|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランスになる時に最初にやること

ビジネスモデルの考案

自分自身がフリーランスとして仕事を行う上で、どういったビジネスモデルであれば、収益が安定するかを考えることが大切です。
できれば、フリーランスになる前に構築できることが望ましいですが、構築していても実情が違うというケースも発生します。
その場合にも焦らずにビジネスモデルの微調整を行いながら、安定収益を考えるようにしましょう。
柔軟な発想で対応していくことも重要なことです。

お客様予備軍を捕まえる

会社員時代にお客様予備軍を捕まえておくと仕事が楽になりますが、期待しすぎると痛い目もあります。
まずは、独立後に挨拶回りを行い、実際に今後お客様予備軍と呼べる企業なのかどうかを見極める必要があります。
独立後に急に態度が冷たくなってしまうこともありますので、そういったところをお客様予備軍から外し、新たに加えることが大切です。
出来るだけ正確にお客様予備軍を把握しておくと、安定した事業展開がしやすくなります。

自分のことを知ってもらう

旗揚げをすれば勝手にお客様から依頼があるかというと、そういうわけではありません。
自分自身で自分のことを知ってもらう努力が必要です。
例えば、異業種交流会に出席する、企業の挨拶回りに行く、場合によっては同業の集まりに参加してみるなど、ネットワーク作りを行っていくことが大切です。
今すぐではないかもしれませんが、存在を知ってもらうことで、いずれ仕事が入ってくる可能性もあります。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択