SNS疲れ?もしFacebook、Twitter、LINEの中でひとつやめるとしたら?|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

SNS疲れ?もしFacebook、Twitter、LINEの中でひとつやめるとしたら?

SNS疲れが加速する昨今、Facebook、Twitter、LINEの3つのSNSをやめるとしたら、どのSNSをやめるかという興味深いアンケートが行われました。20〜60代を対象に、SNSをやめると仮定したアンケートは、意外な結果となりました。さて、どのSNSが1位となったのでしょうか?

■SNS疲れ

日本では、Facebook、Twitter、LINEの3つのSNSが主流となっています。始めた当初は頻繁に投稿したり、友だちの投稿をチェックしていたものの、SNS疲れからSNSをやめてしまうユーザーも増えています。SNS疲れの原因は、自分の投稿に対する反応を過剰に気にしてしまったり、友だちや知人の投稿に返答しなければならないという義務感にあるようです。Facebook疲れを感じているユーザーは、実名制であることからSNS疲れを感じてしまうこともあります。

■SNSをやめるならどれ?

SNS疲れに関する、興味深いインターネットアンケートが実施されていたので、結果と共に紹介したいと思います。
調査期間は2014年5月19日~5月20日、対象は全国20代~60代の男女スマホユーザー・計297名です。

気になる結果は・・・こうなりました。

【全年代(20〜60代)】
1位:Twitter・・・32.3%
2位:Facebook・・・29.3%
3位:LINE・・・18.5%
(いずれのアカウントをもっていない:19.9%)

【20代】
1位:Facebook・・・40.0%
2位:Twitter・・・30.0%
3位:LINE・・・18.0%
(いずれのアカウントをもっていない:12.0%)

【30代】
1位:Twitter・・・36.5%
2位:LINE・・・23.0%
3位:Facebook・・・18.9%
(いずれのアカウントをもっていない:21.6%)

【40代】
1位:Twitter・・・30.6%
2位:Facebook・・・25.8%
3位:LINE・・・17.7%
(いずれのアカウントをもっていない:25.8%)

若い世代のFacebook離れが進んでいますが、Twitter疲れからから、どの世代でもやめるとしたらTwitterをやめると答えたユーザーが多かったようです。リアルのフォロワーが増えてくるにつれて言いたいことがつぶやけなくなったり、インターネット上で生じる上下関係もTwitter疲れの原因とされています。炎上もTwitterから生じることが多いので、炎上の心配をしなければならないのもTwitter疲れの原因のひとつだと考えられます。LINEは無料通話・メールアプリでもあるため、TwitterとFacebookとは少し利用の仕方が違うかもしれませんね。

アンケート結果は1位Twitter、2位Facebook、3位LINEでしたが、この3つのSNSをのうち、もしやめるとしたら、あなたならどのSNSをやめますか?

参考:
「Facebook・LINE・Twitter、やめるならどれ?」調査 http://sirabee.com/2014/06/30/703/?from_relatedLink
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択