良いチームにするために必要なチームマネジメントの4つの考え方|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

良いチームにするために必要なチームマネジメントの4つの考え方

マネージャーによってチームのあり方は大きく変わってきます。良いチームにし、良い成果出すために、マネージャーがすべき4つのことを解説します。チームマネジメントに悩んでいる方、これからチームを率いてプロジェクトにあたる方の参考になれば幸いです。

■アイディアを出しやすい環境をつくる

チームで作業をする時、年齢や立場が下であるとなかなか自分のアイディアが言いにくいものです。チーム全体でアイディアを出すことが良い成果につながるため、年齢や立場に関係なくアイディアが出しやすい環境をつくることが望ましいです。ブレインストーミングの考え方のひとつでもありますが、頭から批判してしまうと次のアイディアを言い難くなるので、突拍子もないアイディアでも一笑に付すのではなく、アイディアを出すことを歓迎する環境をつくります。もしかしたら飛躍的な発想こそが壁をぶち破るカギになるかもしれません。

■説明を怠らない

ただ命令されたタスクをこなすだけではチームの意欲は高まりませんし、不満にもなってしまいます。なぜそのタスクが必要なのかを説明することで作業の理解度が増し、個人個人が担当している作業内容の精度が上がります。チームは個人個人の働きによって成り立つので、各々が受け持っている作業に意味があることを理解してもらいます。

■仕事にやりがいを感じさせる

仕事に対するモチベーションは、やりがいによって大きく変わります。たとえ面倒な作業でもやりがいがあればモチベーションは維持できますし、仕事にやりがいがあれば個人個人が良いチームにしたいと感じてくれます。受ける仕事によってやりがいが変わるのも否定できませんが、やりがいがあると感じさせるチームにするかはマネージャーの役割でもあります。チームの士気を高め、個人個人が自発的に動けるチームであれば、それぞれ仕事のやりがいを感じてくれるはずです。

■ある程度の緊張を持たせる

ただ居心地のいい空気をつくるだけでは、お互いなあなあの雰囲気になってしまう恐れがあります。部活やサークルならそれでもいいのですが、仕事なのでなあなあになってはいけません。あえてチームの能力よりも少し高い目標を設定するなど、ある程度の緊張を持たせます。この目標は無理だよという声を恐れず、チームを高いレベルに押し上げるには多少のスパイスが必要です。目標をクリアした時の達成感が生まれ、それによってチームワークが高まります。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択