バーチャルオフィスをレンタルする前に知っておくべきメリットと注意点|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

バーチャルオフィスをレンタルする前に知っておくべきメリットと注意点

実際の事務所を持たないバーチャルオフィスは、個人事業主や小規模事業者に広く利用されています。バーチャルオフィスを利用するメリット、そして利用する際に注意しておくべき点をまとめました。バーチャルオフィスのレンタルで失敗しないために、レンタル前に一読していただければと思います。

■バーチャルオフィスについて

バーチャルオフィスは実際に事務所を借りるのではなく、住所や電話番号を借りられるサービスです。電話やFAXを転送したり、郵便物を転送してくれるサービスや、会議室を借りられるサービスなどがあります。

■バーチャルオフィスを利用するメリット

バーチャルオフィスは起業に必要な住所や電話番号を借りることができるため、自宅開業で事務所が必要がなく、開業費用を抑えたい時などに利用します。実際に事務所を借りるよりも費用が安くつくため、コストの面でもメリットがあります。

都内の一等地などに所在しているバーチャルオフィスを利用すると、一等地にオフィスを構えているように見せることができるため、信用度が高まるのもバーチャルオフィスのメリットとして挙げられます。自宅住所で登記登録したくない場合、または住んでいるマンションの管理規約で登記登録ができない場合にもバーチャルオフィスが活躍します。

電話秘書サービスを利用すれば不在時にも対応してくれますし、会議室などのスペースを安くで利用できるのもバーチャルオフィスを利用するメリットです。

■バーチャルオフィスを利用する際の注意点

バーチャルオフィスの住所は自社だけでなく、他の会社も同じ住所を利用しているため、インターネットで検索されるとバーチャルオフィスであることが気づかれやすいです。それだけならそれほど問題はないですが、評判の良くない会社が同じ住所を使っていると、自社の評判に悪影響を及ぼす場合があります。バーチャルオフィスを利用する際は事前に利用している会社を調べておく必要があります。

法人銀行口座の開設が難しい点もデメリットとして挙げられます。金融機関によってはバーチャルオフィスでは信用度が不足していると判断し、法人銀行口座の開設を断られるケースが多いです。投資詐欺を行っていたグループがバーチャルオフィスを利用していたことも理由のひとつに挙げられます。
ただし、バーチャルオフィスだから全く法人口座開設ができないというわけではなく、都市銀行でもネット銀行でも法人口座開設ができたという方はいらっしゃいます。銀行によって審査基準は異なりますが、信用度を高めるために自社のホームページの開設をしておいたり、会社案内など事業実態について確認できる書類を用意するといった対策が挙げられます。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択