フリーランスの税金|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランスの税金

フリーランスの税金の仕組み

フリーランスとして活動する中で、一定の収入が出るようになると、税金がかかってくるようになります。
いわゆる所得税ですね。
所得税はフリーランスとして活動したことによって生じた収益に対して、一定額がかかってきます。
つまり、収入が少なければ所得税も少ないですし、収入が多ければ食と税も多くなります。
但し、言うほど単純なものではなく、この所得税に関わる収入というのは、経費などを除いた実質手元に残っている金額です。
これを決定するのが確定申告です。
確定申告は税金を納めるために行っているという認識かもしれませんが、正確には税金を安くするために行っているのです。

フリーランスの税金と関係して

フリーランスの場合、所得税が最も大きな税金になりますが、住民税や国民健康保険のことも忘れてはいけません。
こういったものも、収入によって変動します。
つまり、収入が多ければ高くなりますし、少なければ安くなります。
こう考えると、フリーランスとして活動するにあたって、収入がアップすると、支払う税金関係もかなりアップすることが分かります。

フリーランスの税金対策

フリーランスは経費として事業に関わった費用を収入から控除してもらうことができます。
この仕組みを活用し、例えば収入が多かった年には年末に広告宣伝費などを多く使うなどがあります。
税金として引かれてしまうのであれば、広告宣伝に利用し、来年に備えるというのが賢い考え方です。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択