フリーランスはみんなが休んでいる時に働き、働いている時に休める働き方ができる|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランスはみんなが休んでいる時に働き、働いている時に休める働き方ができる

フリーランサーは仕事の時間も休日も自分で決めることができます。自己管理能力が必要となりますが、自由に休みが取れるのは会社員にはないフリーランサーだけの特権です。今回は、フリーランサーの休日の取り方について解説したいと思います。

■みんなが休んでいる時に働く

フリーランスは基本的に世間の休みは関係ありません。
クライアントの都合で納期を合わせることがありますが、基本的に自分で休みを設定することができます。

フリーランスなのに休みを設定するの?
と思われるかもしれませんが、フリーランスだって休みをとりますし、ずっと働きっぱなしというわけではありません。
むしろ自由に休みをとるためにみんなが休んでいる時も働きます。
働きづめではモチベーションが下がりますし、作業効率も低下します。

■みんなが働いている時に休む

みんなが休んでいる時に働いたなら、みんなが働いている時に休めるのがフリーランサーの特権です。
世間の休みは共通しているので、休日に出かけてもどこも人でいっぱい。
時には駐車場に入るのですら長い時間待つことがあります。

フリーランサーになったのに、わざわざ世間の休みに合わせ、混んでいる休日に出かける必要はありません。
みんなが働いている日に休みをとり、空いている日に出かけられるのはフリーランサーになった人だけができる休日の取り方です。

とは言え、友だちも恋人も普通の会社勤めだと、平日は一人で出かけることが多いわけですが・・・。
いや、しかし!休日を自由に取れるのは会社員にはない、フリーランサーだけが得られる自由です!

■フリーランサーは休日にも仕事が入る

フリーランサーが休日を取る際に気をつけたいのは、クライアントは土日休みであることが多い点です。
ということは、平日を休みをとった場合、休日に仕事が入る可能性もあります。
急な依頼が来ることもあるので、常に連絡は取れるようにしておいた方が良いでしょう。

もしあらかじめ休日を決めているなら、クライアントに伝えておいても良いかと思います。
休日に連絡を取れるかどうかも伝えておき、仕事の依頼を逃さないよう休日でも対応可能かどうか、連絡がつく連絡方法などを伝えておくのも良いでしょう。

■長期の休みはクライアントに伝える

海外旅行に行くなど、長期の休みをとる場合はクライアントに伝えておきましょう。
クライアントも仕事の依頼の調整が必要なので、定期的に依頼してくれるクライアントには休暇を伝えた方が良いです。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択