職務経歴書の書き方|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

職務経歴書の書き方

職務経歴書には書き方のポイントがあり、たとえばアピールすべきポイントで逸してしまったり、せっかくアピールできたのに何も伝わらなくては残念です。
採用担当者は特にこれだ、とアピールできる内容をまずプライマリーに待っているとも言えます。

まずは具体性、そしてできるだけ簡潔にまとめることも大事です。
書類作成能力、表現力やコミュニケーション力にも繋がっていく判断材料である、とも言えます。

自分のキャリアを整理することは簡単かといえばそうそう簡単にはいきません。過去に何度が振り返ってみても、書類としてまとめるとなるとかえって判断材料が乏しくなってしまったり、微妙に難しいな、などと考えてしまうのがオチ、まずはキャリアの棚卸しとしてメモなどで整理したり、経験やスキルも1つずつ思い出して明確に落としていくことが大事です。

そのためにはプロジェクトごとに資料を溜め込んでおくことも有用です。スケジュール表だけでもたくさんのことが思い出されるはず、そこからピックアップしてアピールしていくとより伝わるものができると言えます。

また職務経歴書は履歴書とはちがってテンプレートがあるわけではなく、どんな書式でも基本的には問題ありません。
つまり職種によってもテンプレートは変わってきますので、まとめる項目やアピールポイントを考えながら見本を作ってみたり、エージェントに相談するなり、一般的にこうあるべき、という書式についても吟味しておくのがよいでしょう。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択