iPhone(iOS)とAndroidのアプリ開発はどう違う?開発言語や開発環境の違いまとめ|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

iPhone(iOS)とAndroidのアプリ開発はどう違う?開発言語や開発環境の違いまとめ

iPhone(iOS)アプリとAndroidアプリではOSが異なるため、開発言語も開発環境も異なります。アプリ開発の参考に、iOSとAndroidの違いをまとめました。iOSで開発する、Androidで開発する、どちらも開発する、いずれにしてもそれぞれの特徴を知っておいて損はないです。

開発言語

まずiOSとAndroidでは開発言語が異なります。
iOSはObjective-CかSwift、AndroidはJavaを用います。

Swiftは2014年6月にAppleが発表した新しいプログラミング言語で、Objective-C、Objective-C++、C言語との共存が可能です。
SwiftはAppleが推奨していることもあり、これから普及していくと思われます。

iOS:Objective-C、Swift
Android:Java

開発環境

iOSではMac OS Xに付属しているXcodeを開発環境として使います。
XcodeはObjective-CとSwiftの両方を使うことができ、相互連携も可能です。

Androidの開発環境にはAndroid StudioやEclipseを使用します。
いずれも無償で提供されています。

iOS:Xcode
Android:Android Studio、Eclipse

開発OS

iOSはMac OS Xでしか開発ができないため、Macが必須となります。
AndroidはWindows、Mac OS X、Linuxのいずれでも開発が可能ですので、開発OSを選びません。

iOS:Mac OS X
Android:Windows、Mac OS X、Linux

アプリ公開に必要なアカウントと費用

アプリを公開するには、それぞれアカウントを取得しなければなりません。
iOSはiOS Developer Program、AndroidはGoogle Playデベロッパーアカウントに登録します。

費用はiOS Developer Programは年11,800 円、Google Playデベロッパーアカウントは初回のみ25ドル必要です。
iOSは一年ごとに11,800 円の費用がかかる点に注意しましょう。

iOS:iOS Developer Program(年11,800 円)
Android:Google Playデベロッパーアカウント(初回のみ25ドル)

アプリの申請先

アプリの申請先はアカウント登録先と同じで、iOSはiOS Developer Program、AndroidはGoogle Playデベロッパーに申請します。

iOS:iOS Developer Program
Android:Google Playデベロッパー

有料アプリの手数料

有料アプリを配信する場合、手数料が必要となります。
iOSもAndroidも30%の手数料がかかります。

iOS:30%
Android:30%
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択