フォントを変えるとコーディングが捗る理由&定番のプログラミング用フォントまとめ|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フォントを変えるとコーディングが捗る理由&定番のプログラミング用フォントまとめ

コーディングに使っているフォントが見にくいなぁと感じることないですか?見にくいのには理由があり、フォントを変えることでコーディングは断然捗ります。コーディングをしやすくするためにフォントを変えるべき理由と、定番のプログラミング用フォントもちょろっと紹介します。

■見分けにくいフォント

フォントの中には大文字の「I(アイ)」と小文字の「l(エル)」と数字の「1(いち)」、大文字の「O(オー)」と数字の「0(ゼロ)」などの形が似通っていて、見分けにくい場合があります。

以下のフォントの場合、「l(エル)」と数字の「1(いち)」は見分けが付きますが、大文字の「I(アイ)」と小文字の「l(エル)」、大文字の「O(オー)」と数字の「0(ゼロ)」がほぼ同じ形状なので、プログラミング時にパッと見ただけでは分かりません。


http://www.fontsquirrel.com/fonts/alegreya-sans

■見分けやすいフォント

例えばこちらの以下のフォントは、数字の「0(ゼロ)」に斜線が入っているので、「O(オー)」と見分けやすいです。
大文字の「I(アイ)」と「L(エル)」も形状が違うので見分けられます。

■Ricty

「Ricty」は人気のプログラミング用のフォントです。
和文フォント「IPAゴシック」をベースに作られているので、アルファベットや数字だけでなく日本語も美しく表示されます。


https://github.com/yascentur/Ricty

■RictyDiminished

「RictyDiminished」は「Ricty」の姉妹版フォントで、こちらもプログラミング用フォントとして人気です。
今お使いのフォントではプログラミングしにくい方は、「Ricty」か「RictyDiminished」を入れておけば間違いないでしょう。


https://github.com/yascentur/RictyDiminished

■Migu 1M

「Migu 1M」は「Ricty」のベースになっているフォントです。
「Ricty」のベースになっているだけあって見やすく、現在愛用しているプログラマーも結構います。
「Migu」は4種類あり、「Migu 2M」はMacのHTMLエディタ「Coda2」にも搭載されているフォントです。


http://mix-mplus-ipa.osdn.jp/migu/

■VLゴシック

「VLゴシック」は「M+ OUTLINE FONTS」と「さざなみゴシック」を合わせたフォントで、等幅フォントなので見やすいです。


http://vlgothic.dicey.org/
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択