メール営業のポイント|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

メール営業のポイント

メールでいきなり売り込まない

最近ではFAXよりもメールでの営業が増えています。
FAXよりも手軽に利用できて、見てもらえる可能性も高いためです。
しかし、メール営業も行っている人が増えているため、売り込みメールだと感じただけで、迷惑メール設定されてしまうことがあります。
日本人は売り込みが嫌いな方が多いので、メール営業の際には売り込まないことが大切です。
まずは、挨拶文などを記載していき、ホームページのリンクを貼っておく程度で構いません。
そして、それからサービスの活用事例やお客様の声などを送るようにします。
こういった形で徐々に興味を持ってもらうと問い合わせが増えます。

メールと電話を組み合わせる

メールだけを送るよりは電話とセットで行う営業の方が効果的です。
しかし、メールを送って電話だと、鬱陶しがられるケースもあります。
よって、電話をして詳細はメールで送るという形が、最もスムーズです。
この形になると、電話で長く時間を取らせないための配慮と捉えてくれる方もいますので、有効的です。

メール営業が向いている職種か考える

メール営業には向き不向きがあります。
現在多くの職種の中で、飛び込み営業、アポ有り営業、電話営業、メール営業などを活用しており、各々職種の適性を考えて行っています。
自分が属している職種の適性がどの営業スタイルなのかを考え、それがメール営業であればメールを活用すると良いでしょう。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択