フリーランスの新規開拓営業法|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランスの新規開拓営業法

新規開拓営業は難しい?

新規開拓の営業は、どの職種であっても重要なことです。
新規のお客様がいないと、いずれ仕事がなくなってしまいます。
しかし、目新しいサービスでない限りは、すでに利用している業者があったりして、なかなか新規開拓は進みません。
こういった難しい新規開拓営業を行っていくためには、お客様予備軍をどれだけ捕まえることができるかです。
いつかは利用してくれるだろうと思える企業を開拓しておくと、歯車がかみ合うようになると、上手く回るようになります。

交流会などに積極的に参加

お客様予備軍の確保は、営業回りをするだけではなかなか難しいです。
どちらかというと、異業種交流会などビジネスチャンスを期待しながらも、人対人で関わることができる場で、自分の仕事をアピールするようにしましょう。
興味を持ってくれた方は後日連絡をくれたりしますので、お客様に繋がるケースも多く存在します。
絞り込んでアプローチ
職種によっては、お客様になる可能性がある人の範囲が広いケースもあります。
そんな時にがむしゃらに電話をしても、なかなかヒットしません。
それよりも、新規開拓でどういった企業を対象とするか、どんな人にサービスを提供したいかなどをしっかりと考え、絞り込んで営業すると上手くいきます。
お客様が少ないうちはいろいろとアプローチを仕掛けていきがちです。
もちろん、それでもお客様が見つかることもありますが、効率を考えると絞り込む方に軍配があがります。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択