フリーランスのプレゼン力|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランスのプレゼン力

見やすい資料が重要

フリーランスがプレゼンを行う際に、資料を用意します。
その資料にいろいろな情報を盛り込むと思いますが、資料の中に全ての情報を詰め込むと、見にくいものになりがちです。
資料には必要最低限の情報を入れ、あとは口頭で説明することが大切です。
資料で完結するのであれば、プレゼンを行う必要がありません。
資料を渡すだけでいいのです。
プレゼンを行うということは、あなた自身が説明する能力を試されています。
資料を上手に活用してプレゼンを行う、という意識をしっかりと持ちましょう。

声の抑揚に気をつける

プレゼンの際に、声の聞き取りやすさや大きさなどが大切になってきます。
しかし、この点は最低限という話であって、それだけでは不十分です。
声に抑揚をつけながら、重要点を重要ポイントだとしっかりと認識してもらえるようなプレゼンにしましょう。
それがフリーランスのプレゼン力として評価され、その結果成約に結びつきます。

だらだらと話をしない

プレゼンで大切なのは、重要な点がしっかりと商談相手の頭に残り、ニーズに一致していると思えていることです。
となると、だらだらと長い説明をしたのでは、話は分かったけど、という感じで終わってしまいます。
この商品があれば問題が解決する、というものでなければ購入しないのであれば、問題を解決できる商品であることだけ理解してもらえればいいのです。
そこにフォーカスして話をすることで、ぐっとプレゼン力が上がります。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択