Pythonの案件・業界分布について|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

Pythonの案件・業界分布について

近年のAI(人工知能)ブームなど、データサイエンス分野で注目を集めるプログラミング言語・

Python。シンプルで習得が容易なことを目指し、言語機能は最小限、不足分は拡張ライブラリで補う方針で開発されました。


人工知能に加え、拡張ライブラリの中でも統計や解析分野が充実し、ビッグデータの中から価値のある情報を見つけ出すデータデータ解析や分析ツール、車の自動運転や家屋内のエネルギー消費の最適化などIoT(アイオーティー)分野での利用が盛んに行われています。

Webアプリ開発にも力を入れており、YouTubeやインスタグラム、Dropboxなどの開発言語としても知られています。


Pythonは、「Python2」と「Python3」の2つのバージョンがありますが、「Python3」のほうが新バージョンで、新しい開発は「Python3」で行われていることが多いようです。


数式、統計処理の拡張ライブラリが充実しているPythonは、機械学習、ディープラーニング、科学技術計算などデータサイエンス業界で必要とされています。自動車や住宅、建築、服飾などの設計や製図を支援するシステムであるCAD、3Dでデータを作成する3Dモデリング、WEBアプリケーション開発にも使われ、幅広い分野での活躍が期待できるでしょう。


Pythonのサンプルコード

⚫️PDFページへ画像を挿入する


import fitz                         # <-- PyMuPDF

doc = fitz.open("some.pdf")         # open the PDF

rect = fitz.Rect(0, 0, 100, 100)    # where to put image: use upper left corner


for page in doc:

   page.insertImage(rect, filename = "some.image")


doc.saveIncr()                      # do an incremental save



⚫️PDFページにテキストボックスを挿入する


import fitz                          # import PyMuPDF

doc = fitz.open("some.pdf")          # or new: fitz.open(), followed by insertPage()

page = doc[n]                        # choose some page

rect = fitz.Rect(50, 100, 300, 400)  # rectangle (left, top, right, bottom) in pixels


text = """This text will only appear in the rectangle. Depending on width, new lines are generated as required.\n<- This forced line break will also appear.\tNow a very long word: abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ.\nIt will be broken into pieces."""


rc = page.insertTextbox(rect, text, fontsize = 12, # choose fontsize (float)

                  fontname = "Times-Roman",      # a PDF standard font

                  fontfile = None,               # could be a file on your system

                  align = 0)                     # 0 = left, 1 = center, 2 = right


print("unused rectangle height: %g" % rc)         # just demo (should display "44.2")


doc.saveIncr()  # update file. Save to new instead by doc.save("new.pdf",...)



⚫️数行でPDFにカレンダーを作成する


mport fitz

import calendar

import sys

assert len(sys.argv) == 2, "need start year as the one and only parameter"


startyear = sys.argv[1]

assert startyear.isdigit(), "year must be positive numeric"

startyear = int(startyear)

assert startyear > 0, "year must be positive numeric"

   

doc = fitz.open()

cal = calendar.LocaleTextCalendar(locale = "de")  # choose your locale

w, h = fitz.PaperSize("a4-l")                     # get sizes for A4 landscape paper


txt = cal.formatyear(startyear, m = 4)

doc.insertPage(-1, txt, fontsize = 12, fontname = "Courier", width = w, height = h)


txt = cal.formatyear(startyear + 1, m = 4)

doc.insertPage(-1, txt, fontsize = 12, fontname = "Courier", width = w, height = h)


txt = cal.formatyear(startyear + 2, m = 4)

doc.insertPage(-1, txt, fontsize = 12, fontname = "Courier", width = w, height = h)


doc.save("Kalender.pdf", garbage = 4, deflate = True)


Pythonのフレームワーク


Python は、Webアプリケーション開発のためのフレームワークがあります。Pythonの代表的な

フレームワークとして知られているのは、大規模向けの「Django」。「Django」は、迅速な開発で実用的なデザインを促進するフレームワークです。データベースやセキュリティ、ユーザーインターフェースの機能をひとつのアプリケーションでまかなうフルスタックで、高い柔軟性とパフォーマンスが特徴。


小規模から中規模向けのフレームワークとしては、「Bottle」、「Flask」が良く知られています。

「Bottle」は、マイクロWEBフレームワーク。学習量が少なくすみ、「今すぐ何かを作りたい」という開発者にとっては格好のフレームワークといえます。


「Flask」は、マイクロWEBフレームワークの中でも軽量のフレームワークです。コミュニティが提供する多くの拡張機能があり、新しい機能をシンプルに追加できるのが特長です。



記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択