フリーランスに必須な契約関係|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランスに必須な契約関係

契約書は熟読

フリーランスで活動する際に、業務委託契約などを結んで仕事を行うことが多いです。
その際に重要なポイントはしっかりと確認しておくことが大切です。
特に重要な部分は業務の範囲であったり、支払いに関してであったりです。
禁止事項などが含まれている場合は、その点も確認が必要です。
そして、熟読し分からない点、疑問点はしっかりと確認した上で契約書に捺印するようにしましょう。

契約書で揉めるのは期待値が違う時

契約書に捺印をした上で業務を開始するわけですが、依頼主の期待値に到達していない時に揉めることが多くあります。
やはり、思った通りの仕事が出来ていない時には、支払いに関して揉めることがあります。
この時に、契約書内に契約解除の条項が組み込まれていると、場合によっては行った仕事に不備があるということで、支払いがされないこともあります。
こういった内容は契約書を確認する時に、必ず目を通しておく必要があります。
また、仕事を行う前にサンプルを提出し、仕事を確認頂くのもトラブル防止に役立ちます。

契約書は必ず保管

会社員の時には契約書を個人で保管するケースはほとんどありませんが、フリーランスで仕事を行う場合は、全ての契約書を自分で保管しなくてはいけません。
仕事が終わるまでの保管ではなく、仕事を終えた上で数年間は保管しておくことが必要です。
仕事が終了した後にトラブルが発生する可能性もありますので、その辺りはしっかりと管理することが大切です。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択