仲介する際に気を付けること|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

仲介する際に気を付けること

自分の責任範囲を明確にしておくこと

フリーランスで仲介を行うことがありますが、この仲介というのは注意が必要です。
自分が契約していない場合であっても、紛らわしい表現をしないことが大切です。
例えば、「何でも相談ください」という話をしていると、トラブルがあった時の仲介まで話がくることがあります。
それをこなす義務はありませんが、こなさないと信頼が下がってしまいます。
そして、トラブルを仮に解決したとしても、評価が高くなるわけではありません。
契約後の自分自身の立ち位置をはっきりと示すようにしましょう。

仲介の仕事は慎重に

仲介をすることを仕事にする場合、しっかりとした契約書を交わしておくことが大切です。責任範囲の明記や支払いの要件などをきちんと取り決めを行っていないとトラブルのもととなります。
契約書に関しても重要ですが、契約する企業がどういった企業なのかを把握しておくことも大切です。
仲介は慎重にしないと、損しかない状況になってしまうことがあります。

仲介ビジネスのリスク管理

仲介ビジネスの場合、自分自身がサービスを提供するわけではありませんので、何かとトラブルが発生しやすいです。
商品の質を正確に把握しておくことが大切です。
また、景気が悪くなると最も損をするのが仲介者です。
仲介先を複数確保しながら長期的な展望でビジネスを見ていくことも大切です。
リスク管理はフリーランスには必須の内容です。
しっかりと対策を立てておきましょう。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択