【GW休業のお知らせ中の対応について】
Modis Freelance運営事務局は2021年04月29日(木)から2021年05月05日(水)まで、GW休業のお知らせとさせていただきます。 休業期間中に頂戴したお問合せにつきましては、2021年05月06日(木)以降のご返信となります。 また期間中は、案件掲載企業からの返信が遅れる可能性がございますので、予め御了承ください。

成果報酬契約のトラブル

成果報酬契約のトラブル

成果報酬は成果を明確に

成果報酬で仕事を行う契約の際は、成果がどういったものなのかを明確にしておくことが大切です。
成果がもともとはっきりしているものであればいいのですが、イレギュラーが発生するものもあります。
その際に減額なのか、それとも成果報酬が発生しないのかなどをはっきりさせておかないと、トラブルの元となります。
仕事を行う上で、どういったケースが発生する可能性があるのかを事前に打ち合わせをし、契約後に考えたことがなかった内容が発生することがないようにしましょう。

返金規定なども注意しよう

成果報酬の場合に、返金が発生する職種もあります。
そういった職種の場合、返金規定も重要です。
成果がどういったケースになった時には、どれくらいの返金になるのかを契約書に明記しておく、お互いの認識をクリアにしておくと、トラブルになることを防ぐことができます。
成果報酬の場合は、成果が発生することも大切ですが、その成果を継続することも大切です。
お互いが納得する形を示すことができていることが、長く契約を維持することに繋がります。

入金サイクルの確認

成果報酬の場合、入金サイクルもきちんと確認しておくようにしましょう。
成果報酬は仕事を行ったことに対する報酬ではなく、仕事からの成果に対する報酬ですので、どの時点で成果として認識され、その報酬がいつ入金されるのかを把握しておかないと、自分自身の生活に影響します。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択