トラブルを防ぐリスク管理|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

トラブルを防ぐリスク管理

報連相の徹底

フリーランスで契約をすると、外部機関として企業と取引をしていることになります。
社員として仕事を行うよりも自由度が高いという認識のもと、報連相がおざなりになってしまう人がいます。
確かに、企業の管理下に置かれるわけではありませんので、逐一報連相を行う必要はありませんが、リスク管理の一環として、出来るだけ綿密に報連相を行うことが大切です。
やはり、信頼関係を上手く構築していうことで、リスクを回避できることが多いのです。

入金サイクルは出来るだけ早く

企業には締め日があり、基本的には企業側の締め日に合わせて報酬の支払いを行ってもらうことになります。
しかし、そのサイクルが長くなると、その分リスクも多くなります。
例えば、成果報酬の場合に成果が発生した時には良くても、数ヵ月後に思うような状況でない時、気持ちよく支払いを行ってもらえないケースもあります。
入金サイクルは、フリーランス側でも設定することができますので、出来るだけ早い段階で入金してもらえるように交渉することも大切です。

契約期間の調整

契約期間は仕事の内容などによって異なります。
また、短い期間の契約を更新していく形もあれば、長期で契約を結ぶ形もあります。
各々にメリットデメリットが発生しますので、自分の状況にあった契約期間を考え、提案するようにしましょう。
更新型の場合は、途中で打ち切りになるリスクがあります。
長期契約の場合は、辞めたくても辞めれないというケースがあります。
請け負う仕事が自分にとってどういったものなのかという点をよく考え、契約期間を提案していきましょう。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択