断る事の必要性|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

断る事の必要性

納期遅れは信用失態に繋がる

フリーランスで仕事を行う際に、最も重要なのが納期です。
納期にしっかりと仕事を完結させることができることが、信用に繋がり定期的な仕事に繋がっていきます。
納期を管理するためには、業務過多と思える状態になった時には、仕事を断ることも大切です。
仕事を受けて納期に遅れることを考えると、仕事を受けない方が結果的に良い方向に向くのです。

自分に適した仕事かどうか見極める

フリーランスの場合、いろいろな仕事の依頼があります。
企業とは違いどういった仕事を行っているという認識がされていないからです。
つまり、強みを理解してもらっていない状態で仕事の依頼や相談があるということです。
その上で商談になり、実際に仕事を受けるかどうかを決定していくのですが、自分の得意分野ややりたい仕事でない場合には、断る方が無難です。
確かに、仕事が少ない状態であれば、どんな仕事でも受けたいという気持ちになります。
しかし、その仕事を行っている間は、チャンスロスしている状態とも言えます。
そして、仕事に満足してもらえなかった時には、評判を落としてしまうこともあります。
断る勇気も大切ですね。

断ることでブランド価値が上がる

フリーランスは、自分自身が商品です。
自分のブランド価値を高めていくことが、長い目で見た場合に、成功する秘訣となります。
どんな仕事でも引き受けていると、なかなかブランド価値は高まりません。
専門分野に特化した仕事だけを引き受けることも大切です。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択