独学でWEBデザイナーになるために必要な5つの基本ステップ|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

独学でWEBデザイナーになるために必要な5つの基本ステップ

WEBデザイナーは人気の職業で、独学でWEBデザイナーになった方もたくさんいらっしゃいます。未経験からWEBデザイナーになるためには必要なステップをまとめましたので、WEBデザイナー志望の方はぜひ参考にしてみてください。

HTMLとCSSを学ぶ

WEBデザインはサイトのデザインがだけが仕事ではありません。
デザイナーとコーダで作業を分けている会社もありますが、WEBデザインと構築の両方をこなすWEBデザイナーが多いです。
WEBサイト構築にはHTMLとCSSの知識が必須ですので、WEBデザイナーになるために学ばなければなりません。
HTMLとCSSが理解できたら、JavaScriptjQueryも勉強しておきたいところです。

PhotoshopとIllustratorの使い方を覚える

WEBデザインにはPhotoshopとIllustratorは欠かせない存在です。
PhotoshopIllustratorを使用しているWEBデザイン会社がほとんどですし、WEBデザイナーの必須スキルと言えます。
ネット上には操作やテクニックを解説したチュートリアルがたくさんありますので、使い方を覚えましょう。

WEBサイトをまず作ってみる

WEBサイトは作っていかないことには上達しません。
作っていくうちに足りないスキルや知識が分かりますし、今度はこういう機能を足したりこんなデザインをしてみたいという目標が出てきます。
WEBデザイナーとしての第一歩を踏み出すには、とにかくWEBサイトを自分一人で一から作ってみることです。
WEBデザイナー志望なのにWEBサイトを作ったことがありません、では説得力がないですし採用もされにくいですよね。
Dreamweaverがあると、コーディング用のエディタとFTPツールが使え、かなりお手軽になるのでオススメです。

真似をする

何を始めるにしても最初は真似からスタートします。
デザインも同じで他のサイトのデザインを真似してデザイン力を身に付けていきます。
オリジナルのデザインは、色々なサイトを見て学んでから自然とできるようになります。
復数の要素を組み合わせればオリジナルになりますので、真似をしてデザイン力を磨いていきましょう。

使いやすいテキストエディタを探す

最初はテキストを使ってWEBサイトを作る方が大半だと思いますが、世の中にはコーディングを便利にするテキストエディタがたくさんあります。
サクラエディタ、TeraPad、Notepad++、 Sublime Text、Crecent Eveなど、無料で使えるテキストエディタがありますので、使ってみましょう。
テキストエディタを使うとコーディングの効率が格段に上がります。
Macの無料テキストエディタならmiが有名ですし、有料ですがCodaは非常に人気があります。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択