国民年金基金とは|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

国民年金基金とは

国民年金基金とは、簡単に言うとフリーランスなどの事業主に有効な公的年金制度のことです。
つまりサラリーマンの場合は厚生年金、公務員は共済年金、それぞれに相当する2階建て部分と言えます。

国民年金基金は自営業やフリーランスなど第一号被保険者が対象となります。
また国民年金納付が前提となります。つまりこの年金の未納者や減免措置を受けている場合は加入できません。

加入時期は20歳から60歳までの間であれば任意で決めることができ、また遅くなれば掛金が増えます。20歳以上で一口の額が5550円、最大では68000円までかけることができます。

受け取り時期については65歳からがスタートとなり、1口目に相当するのが2万円、2口目からは月1万円、それに終身タイプもあれば確定時期を選んでその間だけ受け取ることも可能です。また国民年金基金は社会保険料控除対象となり、月68000円までの掛金が全額所得控除されます。所得税や住民税も安くなり、その分節税ができます。

基本的にこの年金は義務ではないため、加入判断はそれぞれの自由です。また将来の生活費を見込むことができる以外に所得控除される部分にもメリットがありますので、年金拠出方法もいろいろですが、この年金は基本的部分として、老後の資金積み立てに一定額確保できればまず加入すべきと言えるでしょう。もちろん掛金も収入やライフプランに応じて自由に設定しておくことができます。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択