フリーランスの不安を解消するために実行しておきたい3つのポイント|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランスの不安を解消するために実行しておきたい3つのポイント

フリーランスは仕事がない時はどうしようもなく不安になり、ネガティブなことを考えてしまいがちです。フリーランスは全て自己責任なので、不安を打ち消せるかどうかも自分次第です。フリーランスが陥りがちな不安を解消するために、実行しておきたい3つのポイントを解説します。

スケジュールを埋める

仕事がなくスケジュールが空いてしまうと、どうしても不安が心の中に広がってしまいます。
今まで仕事があったのだから急に仕事がなくなることはないはず、でもこのまま仕事がこなかったら・・・というネガティブな考えをしてしまいがちです。
そうした不安を起こさせないためには、スケジュールを埋めておくのが一番です。
もちろん休日も必要なのでスケジュールをびっしる埋める必要はありませんが、今手がけている仕事が落ち着いたらスケジュールが空いてしまうなという時は、早めに仕事を探しておきましょう。
定期的に依頼を受けているクライアントに別の案件を紹介してもらったり、別のクライアントを探すなどできることはあります。

現状にあぐらをかかない

現状に満足してしまっていると、もしクライアントからの仕事が減ってしまった時に収入が大きく減ってしまいます。
今仕事を依頼してくれているクライアントから、ずっと仕事が来る保証はないので常に新規のクライアントを探す気持ちでいることもフリーランスには必要です。
現状にあぐらをかいて前に進む姿勢をなくしてしまうと、将来大きな不安に襲われる可能性があります。
フリーランスは保証がないということを分かってフリーになったのですから、常に仕事を得られるように新しい仕事を受けたりチャレンジする気持ちを忘れないようにしましょう。
これまでにやったことがない仕事でたとえ単価が安くても、自分のスキルアップにつながるので将来の糧になります。
スキルは必要なく、誰でもできる仕事だとスキルアップは望めないので、少し自分を追い込むぐらいの気持ちでいた方が不安よりも前に進もうという気持ちが勝り、結果的に不安を解消することにつながります。

キャリアアップ

会社勤めの場合はキャリアアップの形は分かりやすいですが、フリーランスは役職がないのでキャリアが把握しづらいです。
形はなくてもフリーランスにもキャリアはありますので、キャリアアップをするにはどうすれば良いか考えてみましょう。
前項で新しい仕事にチャレンジしてみようと述べた通り、今まで受けたことがない仕事を受けてみるのもキャリアアップの方法です。
例えばこれまでアプリ開発をしたことがなかったフリーのSEがアプリ開発にチャレンジをしてみるなど、自分次第で可能性を広げられます。
もちろん新しい仕事をするにはスキルを身に付けなければならないので、空いた時間に新しいプログラミング言語を勉強するなどキャリアアップのために邁進する気持ちが必要です。
そうして前進していれば不安よりも希望が勝ってくるので、不安を打ち消すには前進する姿勢が大事だと言えます。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択