フリーランスで安定した収入を得るために考えておきたい4つのこと|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

フリーランスで安定した収入を得るために考えておきたい4つのこと

フリーランスは自分で依頼先を探し、仕事を獲得してこなければならないので、収入面で不安があるかと思います。安定した収入を得ることが生活費の不安を解消する一番の方法です。フリーランスとして収入を安定させる、また収入をアップするために考えておきたい4つの項目を解説します。

できることとできないことを把握する

会社なら上司や同僚が助けてくれますが、フリーランスは受けた仕事は全て自分でこなさなければなりません。
スキルアップのために難しい仕事を受けることも必要ですが、自分の能力を超えた仕事を受けて結局できないとなると依頼先に迷惑をかけてしまいます。
今自分がどれくらいのスキルを持っているのか、できないことは何かを客観的に分析しておくことが必要です。
足りないスキルが分かればスキルアップの目標にできます。

単価をよく考える

フリーランスとして駆け出しのころは生活のために安い単価の仕事でも受けざるを得ないですが、収入が安定してきたら単価をよく考えてみましょう。
安い単価で大量の仕事をこなすやり方では続きませんので、フリーランスとしての収入を上げるためには今の仕事内容や作業にかかる時間に見合った単価であるのかを見直すことが必要です。
単価の交渉をしたり、新しい依頼先を開拓するなど収入アップのためにできることはあります。
そのためには前述したように、自分のスキルを把握する必要があります。
客観的に自分を棚卸しし、今の自分のスキルに見合った単価はどれくらいかを考えてみましょう。

信頼を得る

フリーランスの仕事は信頼が第一と言っても過言ではありません。
当たり前ですが納期に遅れるフリーランサーよりも、必ず納期は守るフリーランサーの方が信頼されます。
クライアントの信頼を得られれば継続して依頼をしてもらえますし、他のクライアントを紹介してもらえることもあります。
納期を守るのは当たり前ですが、メールの返信は丁寧に、フォローやサポートもすると信頼してもらいやすくなります。

将来のことを考える

「単価をよく考える」の項で解説したことと反対の考え方になってしまいますが、単価の良し悪しだけでは判断できない仕事もあります。
単価が高くても収入以外何も得られない仕事よりも、将来につながる仕事なら単価が安くても受ける価値があります。
「信頼を得る」で解説したことにもつながるのですが、フリーランスとして長く仕事をするにはクライアントと良い関係を築くことが必要です。
極端な話、将来につながる仕事ならたとえ無償でも受けていいと思います。
もちろん生活費のこともあるので将来性があっても無償の仕事ばかりを受けるわけにはいきませんが、将来のことも考えて受ける依頼を選びましょう。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択