劇的ビフォーアフター!IT/Web業界のフリーランスの環境変化|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

劇的ビフォーアフター!IT/Web業界のフリーランスの環境変化

IT業界でフリーランスというと最近は、受注後にコワーキングオフィスで活動するノマドワーカーや、案件受注からインターネットでやるクラウドソーシングなどが目立っています。エンジニアであれば現場常駐(プロジェクト単位で現場チームにアサインする働き方)が相変わらず大部分を占めています。今回は、もろもろひっくるめて『雇用されない働き方』で、どのような職種の方がどのように活躍しているか、おさらいしてみたいと思います。

IT関係はフリーランスが多い

ここ数年はクラウドサービスが進化してきたこと、更に少し前にはWiMAX・テザイングなどの通信環境改善、HDDなどの記憶デバイス、軽量化・大容量化してきたことから、「創ったものをいつでも何処でも、次の仕事に活かせる」という環境が整ってきています。各種デバイスの進化は、IT業界のフリーランスとして働く人に対して、大きく貢献しています。

ただし金融システムを筆頭に、損保や物流などの大規模なものは、強烈な守秘義務契約が発生したりすることも多々あり、ソースの持ち出しは一切できません。場合によっては現場から外部へのインターネットアクセスを禁止していることもあります。IT業界で働く人の、実に過半数がそういった厳格な環境にあるため、Web系と業務系・SIerとは大きな文化の違いが生まれています。(Web系はIT従事者人口の2割程度だと言われています。)

近年のWebという市場拡大は、各社に人材不足を引き起こしています。各社は業務委託で働きたい・在宅勤務したいという人に対しても、積極的に譲歩しはじめているため、今後は更に、様々な働き方が許容されるのではないかと考えられます。

Webエンジニア/システムエンジニア

クラウドソーシングや在宅勤務の普及が進んで欲しいと、一番感じている人達ではないでしょうか。残念な現実問題として、(Web業界の特徴でもありますが)仕様は会話しながら決まっていく「アジャイル」が多いのです。また、サーバーサイド開発であれば、データベースを基本的に扱いますので、外部回線からのアクセスを許容しないセキュリティになっていることも多いです。これら『コミュニケーション』と『セキュリティ』が大きな理由で、サーバーサイドのエンジニアは基本的に『現場常駐型』が主流です。会社側からしてみれば、2時間掛けてもいいから社内で業務してくれないか、と思うのが至極当然かなと思います。

受託の新規開発であれば、データベース、プログラム、フレームワークやWebサーバー、ドメインなど、一旦リリースできる状態まで作ったものを、一括納品することはよくあります。受託開発会社がよく行っている形態ですね。ただし、フリーエンジニアにしてみれば、基本的に数ヶ月掛かりの中長期な案件が多いので、納品するまでしばらく収入が見込めませんし、納品したらしたで、検収してくれないトラブルも0ではありません。

言ってしまえば『ハイリスク・ノーマルリターン』です。そのため、Webエンジニア/システムエンジニアは必然と、役務提供(成果物納品を対価とするのではなく、開発能力を○○時間提供したことに対する対価)が一般的です。Webエンジニアであれば、相変わらずソーシャルゲーム・ソーシャルアプリ、iPhone/Androidアプリ、ECや各種ポータルサイトの案件が溢れています。システムエンジニア全体では、C++やJavaの案件も顕在で、人手不足の状態が続いています。

デザイナー/クリエイターなど

Webサイトの制作を行うWebデザイナーや、ロゴ・パンフレット等の作成を請け負うグラフィックデザイナーです。こういったものは自分1人で行うことができるため、オフィスを必要としません。近年ではランサーズクラウドワークスを筆頭にクラウドソーシングが活発な動きを見せています。最近ではブロードバンドが素晴らしい進化を遂げたため、遠隔で大容量データを納品することも出来ます。

ちなみに映像制作系は、1TBを越えるデータを取り扱うことがあり、ネットで完結するにはまだまだ厳しく、バイク便が大活躍しているようです。自分ならではのセンス・自分自身の能力・可能性が本来どれほどの価値をもっているのか、試すことが出来のはフリーデザイナーの面白いところです。会社員であれば制作は複数人で行うため「適材適所」「業務効率」のため、自分の好きなように仕事をできないことが多々。

ライター/シナリオライターなど

現代ではインターネットでいろいろな情報を収集できますが、その情報を提供している人、それがライターです。以前は専門知識をもっているジャーナリストがメインで動いていたよう案件でも、Web上に公開されている情報が増えてきたため、ライターは「専門家かつ取材屋かつ執筆家」である必要がなくなってきています。

逆にいえば、あまり知識のないライターに発注しても、Webで調べてもらって即興で知識をつけてもらえばよくて、書いたものはすぐに反映して、SNSで拡散することもできます。「Web媒体」と「ライター」の相性の良さに、再認識されはじめている状態なのです。ここで『コンテンツマーケティング』が登場してくるのです。

そのため、これまでの紙媒体を中心とした業務を行っていた方に対しても、Web系の企業はそのライティング経験を求めており、依頼するケースが増えてきています。もちろんライティングにはセンス/スキルも重要なので、厳しい職種ではありますが、人気が出ると単価をどんどん上げることができ、収入も安定しやすいです。

コンサルタント系の仕事

最近では多くのコンサルタントがあります。経営コンサルタントだけではなく、健康コンサルタントやフードコンサルタント、人材コンサルタントなど多くのコンサルタント業があります。コンサルタントは人に教えることが仕事ですので、セミナーでの講師などを行っている人も多いです。エンジニアやクリエイターの「創れる能力」と違って、何を経験してきたかが大きなバックボーンとなります。

ようは技術力ではなく、会社名・規模・何人月・インパクト・コストカット・収益性、つまり実績をどれだけ証明できるかが重要なのです。それらは事業戦略そのものに大きく関わってきますので、当然その道の希少な経験者が求められ、高単価な案件が多く存在しています。コンサルタントはフリーランスとして自由に活動する方が多く、自分にしかない経験・キャリアを活かして、多くの収入を得ることができます。

まとめ

今回ご紹介したのは、数あるポジションのなかでもごく一部ではありますが、比較的人口の多い層でもあります。Flashアニメーター、イラストレーターなど最近の「ソーシャルゲーム特需」で急に人材不足となってきたポジション、技術革新によりその価値を大きく見直され始めてきた「フロントエンジニア」も居ます。後日、改めてご紹介させていただきます!

ちなみに、A-STARでは各ポジションの業務委託案件を公開していますので、ぜひチラ見していただければと思います!
SE(システムエンジニア) Webデザイナー システムコンサル プログラマー
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択