聞き上手になるために身に付けておきたい5つのテクニック|
フリーランスエンジニアのIT・WEB求人検索・案件情報【A-STAR】

聞き上手になるために身に付けておきたい5つのテクニック

聞き上手な人と会話をすると、ついつい色々なことを話したくなりますよね。聞き上手になるために、聞き上手な人が身に付けている5つのテクニックをまとめました。ここに紹介したテクニックは意識すれば誰でもできることなので、聞き上手になりたい方はぜひ参考に。

話を遮らずに相手の話を聞く

当たり前のように思えますが、これが案外できていない人が多いのです。
自分の話を途中で遮られるのはいい気持ちはしませんし、せっかく相手が大事な話をしているのの遮ってしまっては得られる情報も少なくなってしまいます。
聞き上手な人は相手の話を腰を折らずにしっかり耳を傾けています。

アドバイスをしてあげようと考えない

相手に悩みや迷っていることを話すのは、アドバイスをして欲しいからではなく話を聞いて欲しいから相談するのです。
もちろんアドバイスが欲しいという気持ちもゼロではありませんが、話を聞いて同調や共感をしてもらいたい気持ちがあるので、アドバイスをしてあげようとあれこれ指摘するのは避けましょう。
アドバイスはこちらから提案するのではなく、「どうしたらいいと思う?」と意見を求められた時に答えるようにします。

掘り下げた質問をする

話を遮ることと掘り下げた質問をすることは似て非なるものです。
掘り下げた質問は相手の話をしっかり聞いた上で成り立つため、相手はしっかり話を聞いてくれているのだと感じてくれます。
聞き手の意見で話を遮られるのは良い気持ちがしませんが、自分に対する質問なら相手は不快な気持ちにはなりません。

言わなくてことは言わない

会話の中でついつい言ってしまいたくなる言葉というものがそれぞれあると思いますが、言う必要のないことは言わないようにしましょう。
話を遮ることと同じで、相手のプラスにならない言わなくてもいいことは相手にとって不快なものでしかありません。
「なんでそんなこと言うの?」と相手に感じさせてしまっては聞き上手とは言えません。

相槌を打つ

話を遮らずに相手の話を聞いていることを示すには、相槌が必要です。
相手の目を見て大きめにうなずくと、話をしっかりと聞いてくれていると感じてもらえます。
意識し過ぎるとわざとらしくなりますし、話をしっかり聞いている時は自然と相槌が出ますので、少しうなずきを大きくしようという程度の意識がちょうどいいでしょう。
記事がよければクリックしてね

案件を探す

検索条件を選択